スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「遠野馬物語」 高草操著

遠野馬物語


「人と馬のかけがえのない絆」 

 新刊のフォトエッセイ「遠野馬物語」(里文出版)のキャッチコピーである。

 著者の高草操さんと私の関係は、ちょっとだけエキセントリックなものかもしれない。拙著「三角のマリリン」に登場してくれたコスモバルクという北海道所属の競走馬が、私と写真家・高草操さんの距離を一気に縮めてくれた。高草さんの撮るコスモバルクは数奇な運命のバルクの人生を熟知しているのだろうか。一葉一葉に節目節目のバルクの姿が鮮明に描かれている。

 毎週のように競馬場で競走馬を撮り続ける傍ら、高草操さんは岩手県遠野市の在来馬、乗用馬、農用馬、競走馬…に魅了され、7年間も遠野通いを続けていた。

 民族学者・柳田国男がそれより以前に遠野に魅了され「遠野物語」を上梓している。それが原作となり、82年に村瀬鐵太郎監督が、仲代達也主演で「遠野物語」を撮っている。

遠野は筆に写真に映画に収めるには、不思議な魅力の町だということが強く伝わってくる。

 私は競走馬の世界しか知らなかったので、本著により、暮らしの中に生きる馬たちのたくましさや健気さの素晴らしさを教わった。

 優しい視点で描かれたエッセイを包み込むように、遠野馬たちの四季折々の自然体の素直な姿がそこに写し出される。

 日々、切磋琢磨している私に、高草操さんの「遠野馬物語」は一服の清涼剤になってくれた。


スポンサーサイト

映画『ジョッキーを夢見る子供たち』船橋競馬場パネル展

ジョッキーを夢見る子供


 フランスの「騎手養成寄宿学校」を描いた素晴らしいドキュメンタリー映画が公開されます。

『ジョッキーを夢見る子供たち』です。この作品の公開に先がけて、なんと、船橋競馬場で下記のようなイベントが開催されます。瀧澤陽子が協力者として参加し、会場には「名もなき天使たちがペガサスに跨る時」という私の映画コラムも展示されています。合わせて、配給会社CKエンタテイメントのホームページの公式サイトにも掲載中です。                                  

ジョッキーを夢見る子供たち展示会に寄せて

 この映画と競馬場のジョイントは日本初の試みだと自負しております。競馬ファンの皆様、映画ファンの皆様、船橋競馬場でフランスのジョッキーたちの青春を堪能すると共に、生身のレースの迫力を味わっていただければうれしいです!この作品にはディープインパクトで「凱旋門賞」に参戦した武豊騎手が記録されています。下記が、配給会社CKエンタテインメントからのプレスリリースです。どうかよろしくお願いいたします


             【  告  知   】
           
お世話になっております。この度、今まで描かれることのなかったジョッキー養成学校の内側を描き、厳しいおとなの勝負の世界の入り口に立つ子供たちを描いた感動のドキュメンタリー『ジョッキーを夢見る子供たち』(配給:CKエンタテインメント)が1月24日より、渋谷シアターTSUTAYAにて公開の運びとなりました。
本作の公開を記念して、船橋競馬場(千葉・船橋)の特別観覧席内にて、映画の世界観を再現したパネル展を実施いたします。スクリーンに映る数々のパネルの他にも、本作に登場するロンシャン競馬場のパネル展示や騎手が実際に使う勝負服や鞍など、普段身近で見ることのできないアイテムも展示します。特別観覧席を利用のお客様には、抽選で5組10名に映画鑑賞券をプレゼント。映画と競馬場の珍しいコラボレーションが実現しました。本作には武豊騎手も出演しており、武豊さんからの映画に対するメッセージもいただいています。つきましては是非御媒体にての告知をご検討いただけますと幸いです。ご検討の程、宜しくお願い致します。

【ストーリー】
知られざる世界、そこは騎手養成学校。厳しいおとなの世界の入り口で、思春期の子供たちは生き残りに賭ける。
「ジョッキーになりたい、僕のあこがれの仕事だから!」未来の栄光を夢見て――その先に待つ本当の一等賞とは?
子供たちを馬のスペシャリストに育てるためのフランス国立騎手・厩務員養成学校「ル・ムーラン・ナ・ヴォン」。ここには未来のスター・ジョッキーを目指して親元を離れ、必死に生きる子供たちがいる。彼らの夢は、世界最高峰のレース、凱旋門賞にでること。馬にとっても子供にとっても、勝つことだけが生き残りの道である残酷な勝負の世界。人間より馬が最優先される厳しい現実の世界で、子供たちは馬が持つ恐怖心や強い感受性、力強さなどを嫌というほど体感し、馬とともに成長してゆく。ジョッキーになるか、厩務員になるか、それとも別の道を選ぶか。そんな人生の厳しい試練にさらされる思春期の子供たちの姿と、繊細なサラブレットの躍動感を『皇帝ペンギン』の名カメラマン、ロラン・シャレが捉えた傑作ドキュメンタリー。


【日程】1月21日(水)~2月6日(金) 
※船橋競馬開催及び場外開催日のみ観覧可。開催日程については船橋競馬場へお問い合わせ下さい。
【場所】船橋競馬場、スタンド5階 特別観覧席 千葉県船橋市若松1-2-1 
※特別観覧席は有料入場になります。詳しくは船橋競馬場へお問い合わせください。



製作:ダニエル・マルケ(『恋人たちのパリ』) 監督:バンジャマン・マルケ 撮影:ロラン・シャレ(『皇帝ペンギン』)
2008年/フランス/35mm/カラー/ドルビーSRD/1時間40分/原題:LADS ET JOCKEYS /(C)2008Groupe Deux
 1月24日、渋谷シアターTSUTAYAほか全国順次ロードショー!!
お問い合わせ
【映画について】 CKエンタテインメント渋谷区渋谷2-12-24 東建長井ビル6F 担当:泉
TEL 03-5464-0528 FAX 03-5464-0640 
【競馬場について】 よみうりランド船橋競馬事業部 船橋市若松1-2-1 担当:白垣
TEL 047-431-2151 FAX 047-433-7177 

ジョッキーを夢見る子供たち公式サイト

ワクワクする日々

映画と競馬をジョイントさせたイベントのお手伝いをすることになった。

私は競馬ライターであり映画ライターであるから、今回のイベント企画はまさに私のありったけの力が発揮できそうだ。

今打ち合わせから帰ったばかり。

アカデミー賞ノミネート作品である競馬映画の傑作「シービスケット」の劇場パンフに映画評を書いた私。

今、そのパンフを読み返している。うん。結構いいこと書いているじゃん。

今度は、これ以上の原稿を書こうと固く決意した。プレッシャーはあるが、興奮してワクワクもしている。

で、執筆するには英気と休養と運動が必須。筋トレオタク、ヒップホップダンサーでもあるエッセイストの私は文武両道。三島由紀夫先生を見習って、今日は、早寝して明日に備えようっと!



「イスラエル・パレスチナ問題に関する緊急アピール」

 小中陽太郎さんからイスラエル・パレスチナ問題に関する緊急アピールが届きました。元アジア・アフリカ作家会議事務局員であった私自身もイスラエルのガザ地区への攻撃には釈然としない怒りを感じておりました。そして、ガザ地区の罪もない市民たちの被害は拡大するばかりです。
 
 今日は成人の日、相変わらず成人式の会場で無謀に暴れている若者よ。意識を世界に向けて、イスラエル・パレスチナ問題を理解しろとは言わないまでも、その惨状を知って欲しいです。
 以下の小中陽太郎さんのご投稿に強く賛同いたします。(瀧澤陽子)

         
           「イスラエル・パレスチナ問題に関する緊急アピール」                  
              イスラエルの無差別虐殺に抗議する


成人式の朝、AFPによると、先月27日からのパレスチナ自治区ガザ地区の死者数は885人に達したといいます(朝日新聞1月12日朝刊)。2008年末以来強行されているイスラエルによる無差別虐殺について大きな衝撃を受けています。

イスラエル側はハマスによるテロ攻撃を言い立てていますが、国連パレスチナ難民救済事業の運営する学校3カ所への砲撃により50人を超える罪なき子どもたちが犠牲となったことに、まったく弁護の余地はないと思います。ガーゼの由来といわれるガザ(毎日新聞1月8日)は、いたいけな子どもたちの血で染まりました。かつてアウシュビッツほかで民族クレンジングの悲劇を体験した民族が、今度はおなじ無法行為を行なうとは歴史の教訓をはきちがえています。


この時期の攻撃は、アメリカの政権交代の空白を狙い、欧米の金融恐慌をよいことにしているなどの見方もありますが、自国の安全までも世界秩序の混乱に乗ずる侵略は卑劣極まりないといわざるをえません。

恥ずべきは、曲がりなりにも中東の和平と称して、イラク周辺に自衛隊を派遣したわが国が、政治的戦略に明け暮れ、不況に対策も打てず、アメリカの戦略に迎合して抗議の声も上げないことでしょう。

かつてアジア・アフリカ作家会議において、作家活動にすこしでもかかわり、そのあとアジア・キリスト教協議会でエキュメニカル運動に携わった私としては、政治的・軍事的行動に対する非難の応酬を超えて、思想的、宗教上、大きな責任と無力感に置かれています。

そのことを恥じつつもここにお手紙するのは、下の人びとの勇気を覚えるからです。

かつてドレスデンであったマフムード・ダルウィーシュは生前「壁に描く」(四方田犬彦訳)でキリスト教とイスラム教の文化的同一性を教えてくれました。大江健三郎氏がよく伝えているサイードで、私がショックを受けたのは、アラブ支配階級の責任放棄でした。このとき、自国民衆の抵抗をおそれた周辺諸国の和平案にどれほどの説得力があるのでしょうか。そして、脱走兵運動で会ったチョムスキーが、ユダヤ民族を超えて、力を振り絞って発言をつづけていることに励まされます。

そして、広河隆一君をはじめとし、アラブの民衆と連帯する仲間がいます(朝日新聞1月8日、9日朝刊)。

私たちはどうしたらいいのでしょう。
アジア・アフリカ民衆と文学との交流、連帯を志した人びととも相談して、この問題を憂うる人たちに訴えます。

政治的組織もいまはなく、持ち場であったマスコミへの回路も減ったいま、私に、どのような手立てが残っているかさえ定かではありません。かつての同僚とも話し合って、少なくともみなさんのそれぞれの範囲で、声をあげ、なにがしかの行動を、各自でしてみようと訴える手紙を出してみようと筆をとりました。

2009年1月12日
小中陽太郎(元アジア・キリスト教協議会議長、元日本アジア・アフリカ作家会議事務局長) 

「ヨタロウ会」会員の皆様へ

ヨタロウ会の皆様にお知らせです

「マリリンの日常日記」に、今後の「ヨタロウ会」の風景を更新していくつもりでしたが、各出版社、新聞社などのメディアからの問い合わせや作家、評論家などの方たちから、メッセージや感想がたくさん届いています。

「マリリンの日常日記」では、抱えきれなくなりましたので、小中陽太郎さんと相談した結果、この際、「ヨタロウ会」を独立させることに決めました。

新しいブログはアメブロ「ヨタロウ会」です。

より充実させていくために、小中陽太郎さんの近況、ご著書の紹介や感想とともに、会員の皆様やご関係者様の近況やご活躍をご紹介していきたいと思います。

新ブログのコメント欄に書き込みなさってくださっても結構ですし、コメントが苦手な方は、瀧澤陽子あてにメールをいただければ転載します。

どうか、よろしくお願いいたします。

元旦は筋トレで

うしの年賀状

 新年明けまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 元旦。初詣は恒例の宗吾霊堂へ家族と行った。護摩を焚いてもらう。

 娘が就活中なので、絵馬に願いごとを書きたいと言ったので、私も便乗して、初めて絵馬に願いごとを書いた。

「食品会社に正社員で就職できますように」が娘。

 32年前、私が大学を卒業する時にも女子大生は就職難であったが、就職=正社員は当たり前の概念だった。しかし、娘の絵馬を見て、ハッとした。「正社員」という当たり前の固有名詞が出ている。いかに、正社員で働くことが厳しくなったのかと。

 娘の大学の先輩では、内定を取り消された子もいる。内定をもらった以上、その企業に操を立てて、他の企業はトライしなかった。この時期にきて、また就活をしなければならないその子が不憫でならない。しかし、泣き寝入りはいけない。内定を取り消された学生たちが徒党を組んで、こんな日本にしてしまった政府、例えば厚生労働省の前で、自分たちの現状を強く訴えればいい。デモという形を取って、搾取された内定取り消し組は、もっと世論に訴えかければいい。
しかし、今の子供たちはデモ行進のノウハウも全く知らないし、ましてや徒党を組んで政府に訴えるというような強力なパワーが失せてしまっている。これも残念でならない。

 「ノーベル文学賞受賞、直木賞受賞、芥川賞受賞、すばる文学新人賞受賞、アカデミー賞主演女優賞受賞(原作は拙著の「競馬場のマリリン」。監督・ペニー・マーシャル、出演 YOKO TAKIZAWA、
キャシー・ベイツ、ペッド・ミドラー、シャーリーズ・セロン)。景気回復、世界平和、競馬で1450万円馬券をゲット、ヒップホップダンサーとしてアメリカデビュー、2009年度のチョーつまんねー紅白歌合戦の司会になれますように!」

と、私の絵馬。絵馬に書ききれなくなるほど願い事を書いた。

「こんなに一杯願いことが書いてある絵馬は、ママだけじゃん。超目立つけど、超恥ずかしい」と怒っていた。

 そういえば、絵馬の願い事は一人一個みたいだ。こんだけ書いたら、神様も呆れるかもしれない。自分の図々しさに呆れた。

 帰宅して、家族とフィットネスクラブ。
元旦から営業しているので、スタジオはいつもの数倍以上の混雑だった。元旦に体を鍛えたい人がこれほどいたのか。そういう私も同じ穴のムジナ。ボディパンプで、左右10キロ10キロのプレートの重量のバーベルを担いで、スクワット、アームカール、ランジ、クールダウンに向けて、腹筋50回。1時間、びっしりと汗をかく。筋トレの汗は独特の臭いがする。有酸素運動でかいた汗よりも、濃くて悪臭に近い。レッスンが終わった後のスタジオ内は、毒ガス状態だった。
 
 それでも、筋トレに励む人たちが愛しい。筋トレをやると頭が真っ白になり、嫌なことも不安なことも消える。筋トレは脳トレになるのだ。

 ということで、元旦は筋トレで始まった。家族4人で「はっ!はっ!」と筋トレに励んでいる変わりもんは私の家だけだった。しかし、一年の始まりの日に家族が仲良くなれるのも筋トレのおかげだ。

 今年も健康で良い年になりますように!
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。