スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヨタロウ会」~樽平にて

yotoro
           (小中陽太郎さんを囲んで)


ヨタロウ会
         ( 小中陽太郎さんのウィットのあるご挨拶)


ヨタロウ会はるみ先生
     (小中陽太郎夫人のいつまでもお若くて美しいはるみさんとマリリン)


yotoro
 (左からマリリン、演劇・映画ライターの木俣冬さん、アジアアフリカ作家会議時代からのお友達で文芸評論家の相原なおみちゃん、「知研」事務局長の秋田英澪子さん)

yotoro
 (須藤甚一郎さん、樋口裕一さん、浅井さんなど)

 12月27日午後6時半から、神田の居酒屋「樽平」で、小中陽太郎さんを囲む「ヨタロウ会」が開催された。今回は小中さんが上梓した「市民たちの青春 小田実と歩いた世界」(講談社)のミニ出版記念会も兼ねていた。


 35名もの参加者。かなり大掛かりで賑々しい会になった。

 「ヨタロウ会」の会長の元ポプラ社の名編集長・堀 佶(ただし)さん、平原社の社長のベン(渡辺勉)さん、小中さんの高校時代からのお友達の服部英樹さん、そのご子息の章君、元光文社編集長・浅井清宏さん、その奥様の弥生さん。弥生さんは健康食品会社のオーナーさんだ。アジア・アフリカ作家会議時代からのお友達の相原なおみちゃん、みや通信の坊野秀美さん、旅行作家の近藤節夫さん、尾嶋四郎さん、松川邦生さん、高橋衛さんなどなど。

 会員以外では『頭がいい人、悪い人の話し方』(PHP新書)で250万部以上の大ベストセラーを生んだ作家の樋口裕一さん、知研代表の八木哲郎さん、同じく事務局長の秋田英澪子さん、多摩大学教授の久恒啓一さん、日本ペンクラブ事務局長の井出勉さん、目黒区議で元芸能評論家の須藤甚一郎さん、演劇・映画ライターの木俣冬さん、学習院女子大教授で経済評論家の片山修さんなどなど。

 司会はいつものように、適当でいい加減な幹事の私が務めた。33名ということで、それぞれの方のスピーチは手短になってしまったけれど、マスコミ業界で活躍する方たちのお話は新鮮だった。

 もちろん、主役は小中陽太郎さん。上梓された「市民たちの青春 小田実と歩いた世界」(講談社)の出版エピソードや出席者の方たちとの交流のエピソードなどを、面白おかしくお話になった。

 奥様のはるみさんは気配りの女性で、会の裏方の私の気持ちを一番に理解してくれる。幹事や司会は慣れっこになっているものの、はるみさんのねぎらいの言葉に、私は俄然やる気が出るのだ。

 お席が隣同士になった方たちは初対面でも、酒宴が佳境になると、もう旧知の友のようにフレンドリーになれるのも、この会の醍醐味だ。

 小中陽太郎さんは、「人と人との出会いを作ってくれる天才だ」と思った。

 「ヨタロウ会会報」の編集が滞っているので、これからは私のブログで、「ヨタロウ会」の報告をし、形として残しておくつもりである。


(写真撮影は服部英樹さんです)
スポンサーサイト

超へこむ、クリスマスイブ

 久しぶりに掃除魔に化した。

 朝早くから、お風呂におトイレの掃除。「今年の汚れ、今年のうちにぃー」って、部屋中をガラガラ掃除機をかけていた。

 そしたら、突然、突然、掃除機が「ガクッ!」という音を立てた瞬間、全く動かなくなった。アッタマにきたから、蹴っ飛ばしてみた。以前、蹴っ飛ばして直したことがあったからだ。でも、何度も蹴っ飛ばしても、微動だにしない。

 「ぶっ壊れた」 そう確信した。怒りよりも、今度は悲しくなった。ちょっと前には洗濯機が壊れ、買い替えたばかりなのに、今度は掃除機。暮れにきて、また出費だ。

 掃除機がなければ掃除ができない。当たり前だ。仕方なく、近所のショッピングモールの家電店に掃除機を買いに行った。値段は一番安くても6000円だった。

 「もっと安いのないの?」と店員さんに聞くと、「6000円より安いのはない!」と不機嫌に答えた。私の予算は5000円だった。だから、5000円より高いのなら、買わないにした。焦って買うよりもここ2~3日、広告のチラシを見て、5000円の掃除機を探すつもりだ。

 来たついでにショッピングモールの中をぶらついた。お店中にクリスマスソングが流れ、ディスプレイはみーんなクリスマスグッズだ。

 モールを歩いているのは、若いカップルばかり。掃除の途中で出かけてきたから、マリリンはすっぴんで、ユニクロで買った2000円の黒のジャージの上下を着ていた。髪もとかさず、ヨレヨレのスリッパみたいなボロ靴はいて、まんま、逮捕された瞬間の小室さんみたいだった。いや、やくざの親分に捨てられ、ホームレス状態になったような、落ちぶれたきったない情婦のようだった。

 しかし、マリリンはそんなの関係ねー。元々、クリスマスとか、お正月とか、人が楽しみにしていることを忌み嫌う偏屈もんだ。それは、若い頃からそうだった。付き合っていたカレシもいたけど、クリスマスにいちゃいちゃしたり、ロマンチックに浸ることのできない、妙に冷めた変人だった。カレシはそんなマリリンを理解できずに、去っていった。だから、クリスマスに失恋することが多かった。

 それで、クリスマスが嫌いなのだろうか?それにしても、ショッピングモールの中は異常なくらい、浮き足だっていた。クリスマスはカレシとカノジョと過ごさなきゃ人間じゃないみたいな、実に排他的な雰囲気が漂っていた。イブに一人は珍獣みたいな感じだった。クリスマスは、誰もが幸せ一杯、楽しくなきゃいけないみたいな閉鎖的なムードがムンムン。

 マリリンは大っ嫌い!アメリカじゃ、クリスマスイブに自殺者が一番多いと聞いたことがある。なんとなくその現象が分かるような気がする。連日のように、派遣切り、非正規社員切り、リストラと何万人という人たちが職を失っている。突然、住む家さえ追い出されて、路頭に迷っている人々がたくさんいる。

 そんな人たちの心痛を考えろ!とは言わないまでも、こうやって毎年、クリスマスを盛り立てることになんの意味があるんだろう。

 帰宅して、娘にそのことを言ったら、

「ママさ、そんなカップルって、本当は少ないんだよ。結構、みんな一人クリスマスやっている。町に出ているカップルだけ見ると、目につくけど、結構、ウチの友達でも一人イブって一杯いるからさー。カレシやカノジョがいない人の方が多いと思うから、抑えて、抑えて」

と、ニヒルに笑っていた。ま、こういったゆとりある態度ができるのも、娘には貯金が趣味の生真面目で超おもしろくもねーカレシがいるからだろう。

 うーん。失敗した。クリスマスイブに町に出たマリリンが間違っていた。くそっ!これもこれも掃除機が壊れたからだ。今度は壊れた掃除機をはブン投げていた。こうなったら、何もかもぶっ壊してやるー!!

 


筑紫哲也さん お別れの会

 19日の昨日、グランドプリンスホテル赤坂で開かれた筑紫哲也さんのお別れ会に行ってきた。

 関係者は11時からとのことだったので、10時半にはグランドプリンスホテルに着いた。そうしたら、もうすでに、会場の「五色の間」の前には、たくさんの方たちが並んでいた。筑紫さんの遺言で供花も香典も受け取らず、もちろん平服で、と強く主張されていたので、ジーンズとブーツにセーターといつものファッションで行った。

 祭壇の筑紫さんのお写真は、とても素敵だった。真っ白い菊の花の献花を終えると、隣のスペースには、筑紫さんの朝日新聞記者時代や「NEWS23」出演の時の写真や映像が流れていて、今さらながら、筑紫哲也さんの偉業に敬意を表していた。

 とりわけ、2001年9月13日に放映された「NEWS23」の「多事争論」で、筑紫さんはこんなことをお話になったのだと、感慨無量になっていた。2001・9・11。ニューヨーク同時多発テロ直後の「多事争論」。このテロは必ず世界を変えてしまうほどの大きな問題になると、厳しいお顔でおっしゃっていた。

 平和を貫く思想、戦争のおろかさを訴える毅然とした姿勢の、それは素晴らしい「多事争論」だった。

 会場には、スマップの草薙君、サッカーの中田ヒデ、作家のなかにし礼さん、立花隆さんなどなど、数え切れないほどの著名人がいらしていた。筑紫哲也さんのリベラルさ、その存在の大きさが胸に迫ってくる。

 そんな中、いつもお世話になっている筑紫哲也さんの名秘書のSさんにお会いした時には、言葉につまった。Sさんは筑紫さんとともに歩んできた方だ。誰よりも筑紫さんを理解し、尊敬し、仕事の片腕になってきた。Sさんが涙ぐんでしまったので、私もちょっぴり泣いてしまった。


 平和を愛し、戦争に歯止めをかける貴重な日本のジャーナリストが死んでしまった。

 一つの時代の終わりを告げているようで、筑紫さんの遺影が寂しく微笑んでいるようにも見えた。



 
 


ベルバトフ不在のマンチェスターユナイテッド

アジアの王者、ガンバ大阪。ヨーロッパの王者、マンチェスターユナイテッド。

数日前から、この試合が楽しみだった。にわかイギリスサッカーファンだけど、ロンドンに旅行してからマンUの大ファンになってしまった。泊まったホテルがチェルシースタジアムの隣にあったのも、ちょっとだけ関係しているかも。

それにしても、ブルガリア代表のベルバトフが胃腸炎で出場できないと聞き、かなりへこんだ。先週見た、トッテナム対マンUの試合はかなり笑えた。なにしろ、元トッテナムの名プレイヤーだったベルバトフがマンUに移籍し、それ以来、トッテナムファンにとってベルバトフは裏切りもん以外の何者でもない。

ベルバトフにボールがパスされるたびに、トッテナムサポーターから「ふー、ふー、ふー」というでかいブーイングの声が球場に響きわたる。前半後半とも、ずーっとずーっと、それが続くのだから、イギリスのサッカーへの熱い愛情やこだわりがヒシヒシと伝わった。

それにしても、ベルバトフはやりにくかっただろうな。元のチームと闘うんだから…。かなりマイっていたもんな。

で、来日早々に下痢ピー、ゲボ風邪で、寝込んじゃったのかもしれない。

日本人なら、ガンバ大阪を応援するのが当たり前だが、私は、非国民。マンUを応援していた。クリスチアーノ・ロナウド、ヒールのルーニーも大好きだ。ルーニーが登場すると、わずか20秒でゴール!
マジ、凄すぎ!

結果、マンUが圧勝したのでうれしかった。

ガンバ大阪もプレミアリーグ並みのいい試合をしてくれた。マンUにガチで迫る勢い、素晴らしいプレイだった。遠藤のPK もお見事!!!

ベルバトフ不在だったけど、いい試合を見て、クソ忙しさや、クソあったまに来ること、クソむかつく奴から、しばし解放され、リフレッシュした!

サッカーも競馬と同じくらい面白い!



「百合」のワンマンライブ IN 代々木

百合ライブ


昨晩、代々木のLAB0で「百合」のワンマンライブを見てきた。

ボーカルの小田クン、ギターのゆうも、体調最悪なのは知っていた。

裸のゆうは、盲腸で入院。病院先から外出届けをもらって、ライブ会場にやってきた。

リハーサルもできない、きちんとした準備ができない。ミュージシャンにとっては致命的な状況でライブをやらなければならない焦燥感やジレンマが、ひしひしと伝わった。


だが、しかしである。

そんな不運の中、「百合」は見事にライブを盛り上げていた。ここ1年で「百合」のサウンドは確実に進歩している。

ボーカルの小田君の声量は、喉を痛めているとは思えないほどパワフルだった。40年間のロック歴のあるマリリンには、その声はディープ・パープルのイアン・ギランがダブった。

裸のゆうの、ギターソロは、肩を痛めてもライブに臨んだ一昨年のボンジョヴィのリッチー・サンボラがダブった。

つっちーのドラムソロは、オジー・オズボーンのトミー・アルドリッチが、あっきーのベースはモトリークルーのニッキー・シックスがダブる。

個性的なミクスチャー・ロックの最高峰を目指して、これからも頑張ってほしい!

「百合」期待しているぜ!

百合 ONE MAN  "Lily of single-wheel"

百合 かっちょいいバンド「百合」で~す!


ここんとこ、L・A・ガンズの「L・A・GUNZ ‘砲‘」にはまっている。

いつか聴いてみようと思っているうちに、いつのまにかCD棚の下の方に置いてけぼりにしてあった。

凄い!凄い!きちんと聴いて、良かった。久しぶりに本格的へヴィーメタルを聴いたようで、ぶっ飛んでいた。

ヘビメタ友達のランディ君がオープニングの「NO MERCY」から「SEX ACTION」「ONE MORE REASON」「ELECTRIC GYPSY」へと続く流れが、スンバラシイと言っていたが、全くその通り。曲の勢いが胸にずんずん迫ってくる。


ところで、12月6日(土)PM7:00から、マリリンが応援しているロックバンド「百合」のワンマンショーが代々木の「LIVE labo YOYOGI 」で開催される。ワンマンショーは初めてなので絶対に行くつもり。ギターの裸のゆうに、「マリリンは絶対に行くぞ」と誓った。


ところで、ハタと考えた。たった一人で妙なオババがライブ会場に行くのも、なんだか気が引ける。そんな羞恥心がやっとマリリンにも芽生えてきた。これでも少しは成長したのだろうか?

で、旦那を誘うと思ったけど、オババとオヤジのカップルがいたら、一人でいるよりもカッチョ悪い。周囲のタテノリ系の子供たちがドン引きしてしまう。「百合」のメンバーにも、ちょっとかわいそうだ。

そんなんで、娘と娘のカレシを脅かして、同行させることにした。娘も娘のカレシも、ギトギトの真面目人間なんで、ヘビーロックなんて興味がないが、メタルババァを母親に持つ娘と付き合っていくなら、マリリンを理解しろ!

「君たちよ。金を貯めることばかり考えていないで、ロックに目覚めよ!」とカツをいれてやった。

なにせ、家の娘は誰に似たのか、ドケチで、貯金が趣味の大学生だ。毎朝、マイ金庫の中身の貯金通帳をチェックしている。マリリンは密かに娘を歩く「武富士」と呼んでいる。


あ、話はそれた。とにかく「百合」のロックを聴きに行くのが楽しみだ!!!
皆さんもぜひとも!


詳細は百合のページに載っていますので、ロックファンはぜひともいらしてくださいね!凄いサウンドですよ。めちゃくちゃ乗れますよ!

2008 . 12 . 6 . sat . LIVE labo YOYOGI . ワンマンライブ
『 Lily of single-wheel 』 open/18:00 start/19:00 前売¥2300 当日¥2800
CD+DVD 『 E A R T H 』 Release ¥1500 (with tax) 公演会場にて販売
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。