スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那を張り倒したくなった日

 これは、映画日記にしようかどうか迷ったが、かなりドメスティックな内容なんで、日常日記にした。

 マリリンの映画日記(http://blog.goo.ne.jp/randyyoko3/)にも書いたように、9月29日公開の映画「エディット・ピアフ~愛の讃歌」は、私にとって、今年最高で最良の作品だと思っている。

 そして、誰もがこの映画に感動してくれると、太鼓判を押していた。この作品を見ることによって、エディット・ピアフという偉大なるシャンソン歌手の壮絶で数奇な人生を共有し、そこから、自分の人生を考え、病める人、悩める人に、なんらかの希望が生まれてくれれば、それは素晴らしいことであると思っている。

 古い話だが、チャップリンの映画「街の灯」にまつわる素晴らしいエピソードがある。これは、確か偉大なる映画評論家、故・淀川長治先生のご著書に書いてあった記憶で曖昧なのだが…。

 ある日、お金もなく病気の一人の男性が自殺を決意する。彼は命の最後の日に、一つだけこの世の思い出に残そうと、映画館に入る。当時の映画はまだサイレントで、セリフの声が聞えない。そこで上映されていたのが、チャップリンの「街の灯」だった。

 何気に見た、この「街の灯」を見ているうちに、そこに登場する人物たちが、自分よりもはるかに不幸で悲惨な状況であることを知る。それでも生きる希望を棄てず、闘う登場人物の生き様を目の当たりにし、その男性は自殺を思いとどまったそうだ。
 
 もちろん、この男性はラッキーだった。これがチャップリンの映画でなければ、自殺を思いとどまらなかっただろう。それだけ、チャップリンの映画は、喜劇でありながらも、万人の人生の機微や葛藤や哀歓を描ききった作品ばかりなのだ。

 これこそ映画である。いや、映画文化の役割である。

 「エディット・ピアフ~愛の讃歌」も、そこまでは大粒ではないかも知れないが、私はチャップリンの「街の灯」をダブらせていた。

 試写で3度も見て、さらに一般公開がこれまで待ち遠しかった映画は最近滅多にない。家の旦那にも強く強くお薦めしていたので、わくわくしながら、初日の29日に夫婦割引2000円で映画館に行った。

 わがまま放題、やりたい放題、言いたい放題の悪妻の私。せめても旦那にこの映画で感動を味わってもらい、心が豊になってくれたら、うれしい。ささやかな心のプレゼントだ。

 「パパ、あなた、ありがとうね。いつも馬のケツや映画ばかり追っかけていて、パパに穴の開いたパンツはかせても、全く気が付かない愚妻のマリリンを許してね(#^.^#)」

 いつも口に言えない感謝の気持ちをこの作品を通して、捧げたいと思っていた。

 ところが、である。こんな感傷に浸っているのもつかの間。旦那はピアフが晩年に唄う「水に流して」のシーンでグラッと船を漕いだのである。そのシーンは私が一番感動したシーンだった。いや、多分、それまでも何度か眠っていたに違いない。

 この時ほど、旦那を張り倒してやりたいと思ったことはなかった。

 そして、ジャガー横田の気持ちが手に取るようにわかった。
スポンサーサイト

玉石混淆(ぎょくせきこんこう)

 先日、JR総武線に乗って、銀座の試写室に向かう時のことだった。

 船橋駅に到着した電車に飛び乗ると、一つだけ席が空いていたので、そこに座った。ふと気がつくと、左隣に、ロン毛で色が白く繊細そうなイケメン君が座っていている。渡辺淳一さんの「鈍感力」を熱心に読んでいた。お顔を拝見すると、ウエンツ瑛士君にそっくり。華奢な細い指で、ページをめくる彼のシルエットにうっとりしていた。
 
 「こんなイケメンと隣り合わせになるなんて、チョーラッキー!」と心が躍った。そういえば、電車の中で、こんなに綺麗な男の子と隣り合わせになるなんて、滅多にないもんね。

 と喜んでいたら、残念なことにウエンツ君は市川駅で降りてしまた。左隣席がvacantになったのも束の間。今度は市川駅から乗って来た、さっきのウエンツ君よりも、もっとカッコいい男の子が座った。なんと、私がダ~イ好きな小池徹平にそっくりだった。

 ひゃー、今日の総武線はまんま「WAT」だぁ!

 なんだか、凄くうれしくて、幸運の左隣席ばかり眺めていた。小池徹平君はipotを熱心に聴いていた。電車が揺れた瞬間、この小池徹平君の肘と私の肘がかすかにぶつかった。彼の肘はすべすべしていて、細く、筋肉質で、「あ、これが若い男の子の体だわぁん」といつになく興奮してしまった。

 恐いもの知らずのババァにしかできない裏技である。

 この小池徹平君とは、私が降りる秋葉原までずっと一緒のプチ旅行が楽しめると思ったら、残念なことに錦糸町で降りてしまった。まさか、ウインズ錦糸町の払い戻し所で、当たり馬券をお金に交換するんじゃねーだろうなぁ。

 また左隣席がvacantになった。ウエンツ瑛士、小池徹平ときたら、今度はそれ以上のイケメンが座るに決まっている。2度あることは3度あるからね。もしかしたら、V6のイノッチか岡田准一君みたいな男の子?

 期待に胸が膨らんだ。

 ところが、である。「がちょーん!」。膝ががくがく抜け落ちたよー。錦糸町から乗ってきて、私の隣に座ったのは、イノッチでも岡田准一君でもなく、

 「ズバリ、言うわよ!!!!」

 なんと、福田内閣の組閣で防衛大臣に任命された、石破茂さんにそっくりなオヤジだった。福田内閣は安倍内閣留任内閣で、なんの個性もなければ、なんの期待もできない内閣だと怒っていた。そこに、イラク戦争勃発時に、イラクに自衛隊を派遣させた張本人の石破さんが座ってきたもんだから、チョーむかついていた。

 隣に座った男性客はご本人でなく、なんの責任もないんだが、スケベったらしいハニワ顔まで石破さんにそっくりだったので、どっと気分が悪くなった。

 2度あることはそうそう3度はないんだと、へこみまくっていた。しかし、3度目が石破さんとは、予想だにしなかった。

 まさに、玉石混淆の総武線でした。はい。

レッド・ツェッペリン復活!!!!!

レッド・ツェッペリンの再結成の話が本格的になった。


 ただ、ロンドンで11月26日、1回限りのライブなので、日本のZEPファンには寂しい話である。

 しかし、メンバーが還暦過ぎても、再結成のニュースがこれだけ世界中に流れるなんて、やっぱZEPは凄い。ZEP命のマリリンはその現象だけでも感無量である。

 今から10年前、日本武道館で行われた「ペイジ&プラント」のライブの感動は忘れられない。何しろ、このライブを見た翌日、私は興奮し過すぎて、過呼吸症候群に陥り、救急車で運ばれたんだ。これが引き金になり、この日から更年期障害との壮絶な闘いの火蓋が切られた。

 あ、何もペイジとプラントの責任ではないのよ。40歳過ぎたオバンが(当時のこと。今は50歳過ぎて無事ヘイケイ、明るく元気なヘイケイ生活を送っていいま~す)が、年甲斐もなく、10代の頃に戻り、思いっきりタテノリ系ではしゃぎ過ぎたからだ。「ロックンロール」「ブラックドッグ」を聴いた時にゃ、もう、頭の中が真っ白になり、体が宙に浮き、ぶっ飛びまくっていた。


 今回のライブには、ベースのジョン・ポール・ジョーンズも加わるという。80年、事故死したドラムのジョン・ボーナムのご子息もジョイントするという。しかし、32歳で亡くなってしまったボーナムのドラムの音は、チョーでかかったなぁ。プラントの金属音声もペイジのギブソン・レスポールの音も、かき消していた瞬間もあったからなぁ。パワフルだったよなぁ。

 ZEPで更年期障害になり、ZEPで無事ヘイケイを迎えたマリリン。実は10月にロンドンに行く予定なんだが、1ヶ月伸ばして11月にしてたら、この夢のようなZEP再結成を見ることができたのにぃー!とっても悔しい!


 はい、「じゃ、ズバリ言うわよ」。この際、老体に鞭打って、ロバート・プラント、ジミー・ペイジ、ジョン・ポール・ジョーンズよー。日本公演もやってくれよー!

和製グルーピーの走りだったマリリンが、ヘイケイ女の底力で、ヘッドバンぶっ放し、筋トレとヒップホップダンスで鍛えあげた未だ衰えぬナイスバディで、一晩くらいならお付き合いしちゃってもいいからさぁ。


 おっぱっぴー!!!!!!

無表情な忍者ハットリくん

安倍総理が辞任した。

 しかし、安倍総理のこだわる11月1日で切れる「テロ特措法」の期間延長って、辞任するほど大事なことなんだろうか?

 私はできませんから、新しい総理に引き継いでもらいたい、とばかり、勝手に辞めて、さっさか入院しちゃったけど…。せめて、「テロ特措法」の期間延長の必要理由くらい、国民に表明してから辞めるべきじゃんね。

 安倍さんが辞めた途端、次期総裁戦のニュースが連日連夜報道されている。麻生さんVS福田さん。一国の宰相を個人的な理由で判断してはいけないが、どちらも好きなタイプでない。

 でも、福田さんよりも麻生さんの方がまだましかもしれない。テレビで「みんなから、やってくれと言われたもんで」と、ちょっとうれしそうに話す福田さんを見て、ぞっとした。小泉首相の官房長官時代から、福田さんの無表情で冷血な目線に、こんな奴が上司や学校の担任教師だったら、ものすごく嫌だなと思っていた。

 冷静と言えばかっこいいが、福田さんは無表情なだけ。論理的で無駄のない話法と言えば聞こえがいいが、心が凍りついているから喜怒哀楽もなく話せる。

 福田さんの口元を見ていると、無表情な忍者ハットリくんが重なる。いや、これはハットリくんに失礼だが、あの口元は確かにハットリ君の口元に似ている。

 総裁になり、もちろんそれは総理大臣にもなることになるから、きっと、福田総理誕生は目前だ。

 あの無表情なハットリくんは、辞任直前まで「美しい国」という観念的な言葉で政治を語った、アホでボンボンだけの安倍さんよりも、国民に冷酷な政策を打ち出すような気がする。

 杞憂ならばいいけどね…。

 

不倫疑惑の「姫」さんを見ちゃった(*^^)v

 先週号の「週刊文春」のスクープ、民主党の姫井由美子参議院議員の愛欲不倫スキャンダル記事を読んだばかりだった。「姫」の「虎退治」で有名な女性議員なので、興味津々にこの記事を読んでいた。

 そしたら、である。マリリンの行くところに必ず何かが起こる。これはあながちホラではないと確信した。今週の日曜日、日比谷公開堂で国会議員、文化人などによる演劇「平成幕末世直し劇第5弾 高杉晋作と騎兵隊」でご出演なさるある方からご案内をいただき、見ていた。

 なんと、その舞台に「姫」さんが、芸者役で登場したのである。びっくりだった。まさか、目の前にあの渦中の「姫」が見れるとは!

 セリフもアドリブが効いていた。「ここに来ることを禁じられていましたが、何を恥じることもございません」と堂々と言ったのである。

 これは物議をかもすな、と思っていたら、昨日のスポーツ紙やテレビでも、その舞台やセリフがデカデカと載っていた。

 ちょうど、自民党の農林水産大臣、遠藤さんが辞任して、農林水産大臣は鬼門だと言われ、安倍政権が一気に凋落した日だったので、この姫さんの舞台出演は、そんなに大きな話題にならなかった。
 
 「姫」さんにとってはラッキーと言えばラッキーだったが、民主党にとってはヒヤヒヤもんのスキャンダルだったに違いない。

 政治家の足を引っ張り失脚させるのは、決まって、お金と色恋の問題である。聖人君子でない限り、誰でも叩けば埃が出るのは当たり前である。ただ、政治家は国民のお金で雇われている公人なのである。だからこそ、身辺を綺麗にすることに誰よりも気を使って然るべきである。

 過去の不倫相手からセックスの寝技まで暴露される。それもHっぽい写真入りで。「姫」さんはお金が絡んだ汚職でないから、ま、チョー頭には来ないが、こんな暴露記事に登場すること自体、政治家としてツメが甘いのかもしれな。もっと男の振り方に想像力を使い、訓練していたら、こんなことにはならなかっただろうにね。

 マリリンも、下は20代から上は70代までの恋人がたくさんいて、振りたい男も何人かいるんだけど、なにせスキャンダルが恐くて、振れないんですよ。

 でも、この恋人は実は人間年齢の男馬たちにことなんですけどね。メイショウサムソン、コスモバルク、アグネスデジタルのことなんですよね。アハっ(^_-)-☆
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。