スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘のカレシ

このブログを娘とそのカレシが見てないことを想定して書いている。あ、もしかしたら、ミクシーやっている娘や娘の友達がここまで飛んできて、これを読んじゃうかもしれない。その時は、あたしゃ、物書き、嘘八百は日常茶飯事だから、これはあくまでも想像上の話として、ごまかそうっと!


最近、娘にカレシができた。高校2年の時に妻夫木君と小池徹平を足して2で割ったみたいな、超イケメンの男の子と付き合い、見事にフラれてから早2年の歳月がたった。しばし、失恋の痛手でメソメソしていたが、さすが、現代の女の子、復活が早い。今では元カレのことなんて、まるで無かったかのように、新しいカレシとラブラブである。


娘の今カレは某サークル(大学には一杯サークルがあって、単なる合コンのノリの軽いサークルだと思う。つまりかなりアホなサークル。)の2つ先輩で都の西北の大学生である。


何も娘の恋愛に水を差すわけではないが、私はこのカレシと付き合い始めた娘のウキウキしている姿を見ると、なんだか、無償に腹が立ってくる。どうも、娘がこのカレシの前で、実際の娘の実像とはまったく違った自分を演出し、かわい子ぶりっ子しているのに腹が立つのかもしれない。


自分の娘の恋を応援せず、娘が一人のガキの男に翻弄されている姿が情けない、と思う私は母親として、かなり変わっているのかもしれない。しかし、私は一般の母親とは違う。「シャネル」よりも「サラブレッド」、「ウエッジウッド」よりも「百均(ダイソー)」の食器、「フランス料理」よりも立ち食い「富士そば」のたぬきうどんを愛している点からも普通の女性とは違う。


だから、こんなことを思ってしまっても、全く問題ない。私の中の普通と世間の普通の価値観がずれているから、問題ない。


極めつけは、クリスマスイブの前日のことだった。翌日は「有馬記念」。ディープインパクトの引退とコスモバルクの出走でドキドキ、ハラハラしてスポーツ紙を読んでいたら、娘が突然、「クリスマスケーキを作るから、邪魔しないでね」と言った。


「ふーん。クリスマスケーキなんて、ママ、あんまり食べたくないなぁ。いいよ作んなくても」と私。「誰が、ママに作るって言った。カレシに持っていってあげるに決まっているじゃん」と娘。


「あ、そう、ま、頑張れば」と私。


娘は高価なチョコレートを溶かし、スポンジケーキを焼いて、それは素晴らしいクリスマスケーキを作った。


私は、「凄く、おいしそうじゃん。でも、よく、カレシのために、そんな大変なことやるね。ママなんか、付き合っている男にケーキなんか焼いてやったことないよ。かわいい女と思われたい現われ?でもケーキの材料費がかかるんだから、ちゃんと半分はカレシに請求しなよ」と嫌味を言った。娘は完全無視。


最後の仕上がりに、ケーキにデコレーション文字を入れている。そこには「メリー♡クリスマス」と真っ赤なかわいい文字が書かれていた。


私は、また娘をからかった。「そんな月並みな言葉なんかで、カレシはときめかないよ。もっと凄いエモーショナルな言葉入れたら?」


「えっ?どんな言葉」と娘は身を乗り出した。


「あ、これが、いいよ。


『どんなもんじゃい!」』


亀田がランダエタと再戦して、勝った時、メダルをファンに見せながら、リングの上で何度も言っていたよ。『どんなもんじゃい!』って。ケーキ作ってやったんだから、感謝しろ!『どんなもんじゃい!』て意味でさ。どう?」


娘は侮蔑に満ちた表情を母に向け、再び氷つくような無視。そそくさと綺麗な箱にケーキをつめて、カレシの元に行ってしまった。


私は「メリー♡クリスマス」と月並みなことを書く女の子よりも、絶対に「どんなもんじゃい!」って書く女の子の方が男にとって、ずっと魅力的だと思っている。そんな言葉に笑い転げる、ウイットのあるカレシと付き合ってもらいたい。それなのに、娘は一般社会通念の男の価値観の中で浮遊している。なんとも情けない。


年末、ある忘年会で、このことを人に話したら「あなたは娘さんに嫉妬しているんだね。きっと。若い頃の自分が懐かしいんだよ。多分。それに、娘さんはかわいいじゃん。どんな男でも、『メリー♡クリスマス』の方が好きだよ。『どんなもんじゃい!』」で喜ぶのはあなたくらいだよ」と言われた。


うん、でも、そうかな…。私は私の娘なら「どんなもんじゃい!」と、絶対に亀田興毅してもらいたかったんだが。

スポンサーサイト

レオナルド・ディカプリオとウイル・スミス

今週立て続けにアメリカの大物俳優、レオナルド・ディカプリオとウイル・スミスが来日した。木曜日はレオ。金曜日はウイル。二人の記者会見に臨んだ。


レオはもうあの「タイタニック」のレオではなくなっていた。御年32歳。もう「レオ様」なんていう茶番のアイドルから逸脱して、立派なおっさん俳優になっていた。心なしか、貫禄が出て、ちょっと太ったような感じであった。実を言うと、ディカプリオ以上に興味があったのが、監督のマーティン・スコセッシである。彼の「タクシードライバー」は、私の生涯のベスト10に入る作品である。アルトサックスが奏でる切ないBGM。一番汚い頃のニューヨークの街と人々の風景をどんよりとユーツに撮ってくれた。


今回の「ディパーテッド」は「ギャングオブニューヨーク」「アビエーター」に続く、スコセッシ監督とディカプリオとの3回目のコラボである。この3作の中で、今回の「ディパーテッド」が群を抜い面白かった。というのも、この作品は香港映画「インファナルアフェア」がベースになっているからだ。「インファナルアフェア」3部作が傑作であったからこそ、これをモチーフにして、スコセッシ監督が撮れば、絶対に傑作が生まれないわけがない。


この映画の製作者はあのブラッド・ピッドである。「インファナルアフェア」の版権をブラピが買ったことは知っていたが、もちろんブラピが主演するとばかり思っていた。香港のトニー・レオン役(マフィアに潜入する刑事)がディカプリオ。アンディ・ラウ役(警察に潜入するマフィア)がマット・デーモン。


香港のトニーとアンディには決定的な違いがある。その風貌、個性、パーソナリティが全く正反対であるにも関わらず、結果、この二人の男の人生の原点は同一だったというパラドックスが切なく伝わってくる。しかし、今回の「ディパーテッド」の主役のディカプリオとマットにはそれが感じらなかったのが唯一、残念だった。


ディカプリオもマットも「インファナルアフェア」の核となるパラドックスを急ぎ過ぎて、映像のなかで風貌も性格もあまりにも似すぎていた点である。演じる上で鮮明なコントラストがなかった。マットとディカプリオの顔の骨格が元々似ているのも敗因か。むしろ、マットの役をディカプリオ、ディカプリオの役を製作のブラピが演じていたら、この映画はまた別の道を歩きだしたような気がする。ともあれ、最近シネマライターしている私で、かなり沢山の試写を見た中で、「ディパーテッド」は見て損のない映画だと太鼓判を押せる。


ウイル・スミスの「幸せのちから」は、21ドルしか手元になかったホームレス親子が大金持ちになるというストーリーだけでもうウルウルしてしまう。掛け値なしに、久しぶりににアメリカンドリームに勇気つけら、堪能できる作品である。


来日したウイルのテレビ出演のサービス精神は恐るべし。「めざましテレビ」では、お得意のラップまで披露しちゃって。おかしい。おかしい。こんなに明るい俳優は珍しい。だから、記者会見に行くのが楽しみだった。だが、だが、だが、なんと記者会見では実にマジメ君に徹していて、現代の家族のあり方を大学の教授みたいに、得々と語っていた。いつおかしくなるか、いつ、ウイルが崩れてくれるかと思っているうちに会見時間が迫ってしまった。ウイルのお笑いを期待していたのは私だけではないと思う。


でも、最後にやってくれました。もしオスカーを共演している実の息子のジェイデン君が取ったらどうしますか?という質問に「ボクがオヤジだから、息子にそのオスカー像をよこせと言うよ」。これには大笑い。そして、これで勢いがついちゃったウイルはストーンと抜けてくれ、フォトセッションの時の壇上のテーブルもスタッフと一緒に片付けちゃって、これもお見事。ウイルはやはり、おふざけが一番お似合いのようだ。


因みに私はウイルの作品で一番好きなのが「アリ」。伝説のボクサー、モハメッド・アリの自伝映画だが、アリを演じたウイルは素晴らしかった!

トゥインクルバード

フリー編集者の北垣詞美さんが、大井競馬場の『TCK夢プロジェクト』というイベントの一環で、「トゥインクルバード」の名づけ親になった。トゥインクルバードの父は凱旋門賞馬のマリエンバード。大勢のファンの期待が込められて、「トゥインクルバード」という名前に決まった。


北垣さんのご招待で、先週、「三角のマリリン」でコスモバルクを撮ってくれたカメラマンの高草操ちゃんと3人で、大井競馬場のトゥインクルバードのいる矢作厩舎を訪問した。矢作先生はとても穏やかな優しい方で、厩舎にいる馬たちみんなの性格や様子などを話してくださった。ラッキーなことにトゥインクルバードの蹄鉄の変えるところまで見せてくれた。馬にとって蹄鉄が一番大切なことを学んだ。オーナーの東京都競馬㈱の管理課長の中川さんもとてもいい方で、トゥインクルバードのために、人参を持ってきてくれて、「人参を食べさせてやってください」と言ってくれた。人参をむしゃむしゃ食べるバードの舌の感触が今でも手に残っている。うーん。とってもかわいかった。


トゥインクルバードは2歳馬にしてはでっかくて、馬体重540キロあるから、飼い食いも見事。このでかさが物を言ったのか、デビュー戦で見事に勝利に輝いてくれた。一際でっかいバードの口取り式にも、詞美ちゃんと一緒に参列した、大井競馬場のホームページ(http://www.tokyocitykeiba.com/news/news.php?id=804に私と詞美ちゃんがバードと主戦の大井競馬の大スター内田博幸騎手と一緒に載っているので、二人して笑ってしまった。


厩務員さん、矢作先生、そして中川さんに色々とためになる話を聞いていたら、なんと約4時間もお邪魔していることに気がついた。浜松町~羽田空港を結ぶモノレールのダイヤは約10分おき。羽田空港に行く時にはいつも乗るモノレールであるが、大都会にある大井競馬場駅の下に広がる厩舎の風景にはいつもほのぼのとしたものを感じていた。馬が行き交うこの厩舎に今自分がいることがうれしくて、今度は行き交うモノレールを下から眺めていた。なぜか時間が止まってしまったような、不思議時間だった。


かつて、競馬のエポックメイキングとなったハイセイコーはここにいた。それがとても懐かしくて同世代の中川さんに、「ハイセイコーはやはり凄い馬だったんでしょうね?」と聞くと、目を輝かせて「デビューから無敗の8勝、溜め息の出るような素晴らしい馬だった」とおっしゃった。私を競馬の世界に目覚めさせてくれたのがハイセイコーだったと言うと、中川さんもハイセイコーがあまりにも偉大で魅力的な馬だったので、大井競馬場の学生アルバイトから、正社員になってしまったと、相好を崩した。


なんか、昔の同級生に会ったような懐かしいような、うれしい気分になった。


トゥインクルバードはおとなしくてかわいい馬だけど、底力はある。次走も応援に行こうと思っている。久しぶりに人馬ともども、素晴らしい出会いに感動し、心温まる1日だった。


 

ジャガー横田夫妻

テレビ東京の「ウイニング競馬」のゲストに風水のドクターコパさんが出ていた。今年は田中勝春騎手が活躍すると予言した。予想的中で田中騎手が「金杯」も「ガーネットステークス」も優勝した。占いをものすごく信じるほうなので、今年は田中勝春騎手から馬券を買ってもいいかなと思っている。


ところで、お正月はダラけてテレビ三昧だった。その中で、一番面白かったのが、女子プロレスのジャガー横田夫妻の子供連れの初詣。友人が私と家の旦那の関係は「ジャガー横田夫婦」に似ていると言っていたが、私はあれほど、旦那の頭を小突いたりしない。せいぜい、ムエタイで旦那のケツを思いっきり蹴っ飛ばすくらいのかわいいもんだ。


そのジャガー横田は去年、玉のような元気な男の子を産んだ。45歳という高齢出産。臨月はハワイで過ごし、優しそうな(青なりひょうたんみたいな)ご主人が心から赤ちゃん誕生を待ちわびていた。そして、無事出産。赤ちゃん連れの初詣はとてもコミカルで心が和んだ。


45歳で出産。素晴らしい。私はこの年には更年期障害にやられ、ホルモンのバランスを崩し、生理不順で、多分妊娠はしなかったろう。ジャガー横田はやはりリングにあがり体を鍛え、そして闘争本能のまま、敵を打ちのめしているから、体も心も若いのかもしれない。いずれにしても45歳の出産。高齢出産をためらう女性の希望となってくれた。おめでとうございます。


ジャガー横田はちょっと見には下品だ。しゃべり方も、場末の寂れた廃業寸前のスナックのオババママみたいなダミ声を出し、風貌も決して美しくない。と、思う。だが、赤ちゃんを大事に抱いてご主人と一緒に初詣に行く表情は、「えっ?これがジャガー?」と思うほど、綺麗で愛くるしかった。「お子さんの将来は?」というレポーターの質問にご主人は「早くから英才教育」と答えた瞬間、ジャガーは間髪をいれずに旦那の頭を小突き、「K1の選手にします」と言った。おかしくて大笑い。


「女は弱し、されど母は強し」であるが、ジャガー横田の場合、「女は強し、そして母も強し」であった。迫力のないふにゃふにゃお医者様のご主人は、こんなジャガー横田のたくましさと可愛らしさに惚れたんだろう。久しぶりにいい夫婦に出会えて、心がほんわかした。


 

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。


昨年はマリリンサイトにお越しいただき、本当にありがとうございました。今年も、不定期ではありますが、「マリリンの独り言」を更新していく予定ですので、どうかよろしくお願いいたします。


ところで皆様は初夢を見ましたか?


私の初夢はなんと、大豪邸に住んでいる夢でした。国は定かではないんですが、多分、フランスのコートダジュールかな。紺碧海岸が外に見えます。


なんで私はここにいるのかと不思議でしたが、実は私はそこに住んでいるのではなく、そこのお手伝いさんとして働いていたんです。つまり、洗濯と飯炊きババァとして、額に汗して一生懸命働いていました。で、そこの家の主が、なんと、なんと、安倍総理でした。「美しい家つくり」「美しい家つくり」と言いながら、私を目いっぱいこき使っているんですよ。


私は、「美しい家つくり」とは具体的にどんなことなんですか?と聞いても、安倍さんは、「美しい家は美しい家」なのって、むかつくだけで何にも言ってくれません。私の中の美しい家の定義は、家族みんなが笑顔を絶やさず、格差のない平等に住める家こそ、美しい家だと思ったので、巨大な階段の格差でなく段差を無くそうと一生懸命、階段をぶっ壊していました。


すると、そこに、突然、ディープインパクトとコスモバルクがやってきて、竹ぼうきを前脚に抱えて、安倍邸を掃除し始めました。私は「なんで、君たち、馬なのに掃除できるの?」と聞くと、ディープとバルクは「競走馬も走るだけでなく、掃除もできないと、今年はダメになったんだよ」と言いました。


私は「うっそー!ディープはもう種牡馬になるから、掃除しなくていいし、バルクは地方所属で、シンガポール航空国際カップの初国際G1に輝いたから、今年はJRAのセコイ規律に縛られないで縦横無尽に中央のレースに出れるじゃん。地方馬の門戸解放に貢献したじゃん。凄いよ!バルク!掃除なんてしなくても」と言いました。


すると、ディープもバルクも突然、箒(ほうき)を放棄して、馬からイノシシに生まれ変わり、アイススケートで踊り始めました。「美しい家」「美しい家」しか言わない安倍総理と格差社会の階段をぶっ壊していたマリリンはその手を止めて、うっとりその姿に見とれていました。その姿とは、ジャーン。下にあります。


 


                      (イノシシのイナバウア)


今年もサイコな夢から始まったマリリンの独り言。なんか、さらに過激になる予兆かな。でも、でも、第3コーナーを走っているとは言え、マリリンはいつまで女。女なら永遠にかわいい女でいたいですね。皆さん、本当によろしくね!


 (この画像は、年賀状用無料ソフトからダウンロードしました。マリリンの年賀状はこのイノシシのイナバウアでつくりました。凄くかわいいでしょ?)


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。