スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬のホリエモンが心配…

 ライブドアの堀江貴文社長が逮捕されたのが昨日。号外が出るほど、日本列島を震撼とさせた。私は株はまったくやらないので、株のことが分からない。東証ダウの今日の終値がどうのこうのと言われても、何を言っているのか分からない。日本は立派な資本主義であるから、株が分からないでは済まされないが、分からないのだから、しょうがない。また、分かりたいとも思わない。

 ただ、株は競馬よりも恐いギャンブルだと思っている。バブルの頃、私の兄がNTTの株を買って、一時それは大儲けした。しかし、バブル崩壊とともにあっという間に大損したからである。当時、兄は毎日のように株式市況にのめり込み、ある意味では実体のないバーチャルの世界でお金を転がして喜んでいたようだった。
 
 その点、競馬はバーチャルが許されない。PAT(パソコンや携帯)で馬券を買っている人はどうか知らないが、私のように競馬場で生身の人間に馬券を売ってきて、今は買う立場にいる人間にとって、馬券は生きた商品なのである。自分の目で馬を見て確かめ、その血筋を愛したり、それは多くの複合的な要素が絡み合って、馬券を購入する。

 だから馬券が外れても、誰のせいでもなく、自分の目の無さが為したことで、自己責任以外の何物でもない。頗るドメスティックな遊びでありギャンブルなのである。

 今回のライブドア事件で誰が本当の被害者かと、深く考えてみた。もちろん、ライブドアの株を持っている投資家たちはとても気の毒である。しかし、堀江貴文社長の興した実体のないバーチャル会社「ライブドア」になんの疑念も持たずに投資したのだから、これは先見の明が無かったとしてあきらめるしかない。

 一番の被害者は中央競馬から地方競馬の高知競馬場に移籍して、いい成績を残している堀江社長の所有馬「ホリエモン」である。馬主が罪を犯せば、馬主の権利が剥奪される。ということは馬主のいない馬「ホリエモン」は路頭に迷ってしまうかも知れないのである。

 馬主の堀江社長は、六本木ヒルズの最高にいい部屋で、いいもん食って太って、いい女に囲まれて、贅沢三昧やって、逮捕された。彼は33歳で人の一生分、いや百人の人の一生分の幸運を使ってしまった。これからどんな末路になったとしても思い残すことはないだろう。

 しかし、馬の「ホリエモン」は志半ばで、今後の見通しがたっていない。
 本当の被害者は馬の「ホリエモン」なのである。
スポンサーサイト

新宿の編集者

昨晩は元P社の辣腕編集者、堀さんと新宿で一杯やった。

 堀さんは去年の暮れ、P社を無事定年退職された。堀さんの手がけた本はほとんどがベストセラーになり、いつも、その時代を生きる庶民の心が読める天才編集者だと、心から尊敬している。堀さんとのお付き合いは作家の小中陽太郎さんを囲む「ヨタロウ会」で知り合って以来、もう20年以上になる。小中陽太郎さん曰く「編集者の仕事は新しい書き手を発掘、売れている作家を捕まえる、今まで書き手本人も気がつかなった持ち味を引き出す、堀さんはそんな編集者だった」と話してくださった。

 私にとっての堀さんは、もちろん編集者としての手腕には驚嘆させられるが、もっと驚くべきことはその人脈の広さである。こよなく新宿を愛し、新宿のありとあらゆる居酒屋で、堀さんを知らない人はいないと言ってもいいくらい。落語家、作家、スポーツの選手、哲学者、天文学者、画家、漫画家etc…。色々な人を紹介してくれる。

 堀さんには日本中のお酒が集まる歌舞伎町の居酒屋「樽一」、競馬好きの気のいいマスターがやっている「大小原」、ゴールデン街の「学校」と、それは数え切れないほどのお店に連れて行ってもらった。顔が利く店でも、堀さんは威張ることなく、いつも謙虚で周囲の人には優しい。私は困ったことや悲しいことがあると、いつも堀さんを呼び出して愚痴を聞いてもらっている。どんなに忙しくても、堀さんは絶対に嫌な顔をせずに、できる限り私の愚痴に付き合ってくれるし、心温まるアドバイスをしてくれる。

 もう、堀さんはP社にはいないが、その人脈を生かしてフリーの編集者として一歩を踏み出した。堀さんのお人柄で、著名な作家の方たちが二つ返事で協力してくれている。どんなに会社で出世したサラリーマンでも、現役を退けば何もなくなるのが現実である。その点、堀さんは現役を退いた方がかえって多忙になっているので、これにも驚きだ。

 今、堀さんと私で「ヨタロウ会通信」を企画中である。もちろん編集長は堀さん。私が副編集長。そして小中陽太郎さんがメイン執筆者。来月から具体的に稼動する予定。なんか、ワクワクしている。

 大好きな堀アニキ!第二の編集者のスタートはまたまた忙しくなりそうですね!がんばれ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。