スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉県人気質

プランニングスポットの仕事で俳優の永島敏行さんをインタビューした。

 永島さんのデビュー作の「ドカベン」は見ていないが、「サード」(監督・東陽一、脚本・寺山修司、1978年)そして「遠雷」(監督・根岸吉太郎、1981年)は私の日本映画のベスト10に入るくらい素晴らしい映画だった。彼の素朴、朴訥、それでいながらどこか屈折した演技に、既存の日本の俳優にない新鮮なものを感じていた。

 ここ数年、色々なタレントをインタビューしているが、最近では風間杜夫さん、そして、今回の永島敏行さんに会うのは仕事とは言え、かなり公私混同してテンションが高まっていた。それは、風間さんも永島さんも私の青春時代のアイドルなので、同じ時代の空気を吸った親近感がより私を高揚させるのかもしれない。

 夕刻の赤坂、エクセル東急の一室。身長182cmの長身の永島さんが入ってきた。「サード」や「遠雷」の頃よりはちょっと貫禄がついてはいるが、やはり目の前にいる永島さんは、「遠雷」のトマト作りの満男であり、少年院の「サード」の面影を一杯残していてくれて、とてもうれしかった。

 永島さんが千葉県の千葉市生まれだというのは知っていたが、今回の取材のテーマは「活美若健」なので、生まれ育った土地は関係ないと思っていた。しかし、彼は俳優以外のもう一つの顔を持っている。それは米作りの農業人の顔である。米作りに興味を持ったのは漁業と農業の町で育ったこと、田舎がもつ風土や地域が持つ豊かさが自分を育ててくれたからだと、目を輝かせて話してくれた。

 私も生まれも育ちも千葉県船橋なので、そのことを話すと永島さんはそれは人なつっこい顔で、「千葉の女は強いよな。声もでかいし、大雑把、人の話を聞かない女ばかりだよね。あなたよくライターをやれるね?」と皮肉を言われてしまった。しかし、私が千葉県人だと分かると、彼はより能弁になり、ご機嫌良さそうに、てんこもりの千葉の話題になった。子供の頃、船橋ヘルスセンターや谷津遊園に遠足に来たことなどをそれは楽しそうに語ってくれた。

 永島さんは中学校の時に野球部に所属していたので、私の出身中学にも試合に来たと聞いて、もう驚きよりも、感無量になってしまった。永島さんは私よりも2つ年下。もしかしたら、私の卒業した中学のグランドで遭遇していたかもしれない。ドキドキ。今まで、県民性にこだわりを持つほうでなかったが、今日の取材は千葉一辺倒で終わり、とても楽しくて充実していた。

 シメは千葉ロッテマリーンズ。優勝できて良かったね!で笑みと笑みがぶつかりあった。

 千葉って、噛めば噛むほど味が出るするめイカみたいなイイ感じの県だったんだなぁ…。
スポンサーサイト

老後の不安

一昨日、昨日とお天気が良かった。ぬけるような青空。秋の陽射しが目一杯透明なので、外の風景をくっきりと鮮明に映し出し、実に綺麗で心地いい。お天気がいいと、どうしても布団を干したくなる。洗濯も一杯したくなる。洗わなくてもいいものさえ引っ張りだして洗濯機にぶち込み、1回で済むはずの洗濯機を3回もまわした。

 外出続きだったので、旦那と息子のYシャツをリネン袋の中に20枚もためこんでるのに気がつき、大急ぎでクリーニング店に行く。ここのオバチャンとは長い付き合いだ。

「ずいぶん、Yシャツためたね。忙しかったの?Yシャツためないでお金を貯めなきゃね」と、本音を言った。

「それができたら、こんな安いお店じゃなくて、白洋舎に出してるわい!」と毒づく私。

「あんた、どうでもいいけど、老後のお金貯めてんの?私らは62歳から年金もらえるけど、あんたたちは65歳からなのよ。旦那が定年退職してさ、もしも、それが60歳なら、年金もらうまでの5年間、無収入になるんだよ。だから、そのためにも今のうちにお金貯めないとダメだよ」とお説教が始まる。気のいいオバチャンなんだが、どうも理屈っぽいところがあるのがたまに傷。

「老後の貯金って、いくらあればいいの?」

「そりゃー、人によると思うよ。いくらでも多い方がいいにきまってるでしょ」

「だから、いくらくらい?」

「うーん、そうだね。片手くらいかな」

「片手って、500万円?」

「あんた、馬鹿だね。500万円で老後やろうっての?」

「えっ?じゃ、もしかしたら5000万円?」

「もっちろん。そんくらいあれば大丈夫さ」

「5000万円????。うっそー!マジ? どうやったら、そんな大金が貯まるの?」

「あんた、本当に物書きやってるの? それにしては想像力がないね。サラリーマンなら、節約、倹約。家計簿つけて、1ヶ月の予算で絶対に赤字にしない。あんたの働いたお金はすべて貯金して、どんなに苦しくても旦那の給料でやるっきゃないね」

「私の収入なんて、たかが知れてるよ。物書きなんて収入以上に取材や資料にお金がかかるんですぅ!入ったお金よりも出て行くお金が多いから貯金どころじゃないよ」

「あっ、そう。じゃ、そんなアホな仕事辞めて、さっさと地道な仕事見っけんだね。それに、あんた、こう言っちゃなんだけど、Yシャツなんか自分でソフト洗いしてアイロンかければタダでしょ? ま、家の店が儲かるからいいけど」

「えっ? Yシャツもってきちゃ、いけないの? 変な店…。なんか、今日、オバチャン、カッカしてない?」

「あんた、時計見た? もうお昼の12時過ぎたでしょ? ちょうど、これからお昼休みしようと思ったら、あんたが来たんだよ。もう、店閉めるからね。ありがとう」

 私を追い払い、速やかにオバチャンは店を閉めた。そうだ、このクリーニング店は12時から2時半までが昼休みだった。2時間半という超長い昼休みに、実はオバチャンは休んでいない。駅前のパチンコ屋でパチンコに狂っているのだ。時々、パチンコが大当たりすると、4時ごろまで勝手に休んでしまい、洗濯物を抱えたきたお客はブツブツ文句たれては帰る。

 こんなパチンコ狂のオバチャンに説教される筋合いは無いのだが、今日のテーマは中々真実味があった。物書きをアホな仕事と言い切ったのはアッパレ。そして、確かに家の旦那の定年退職は60歳。それまでには10年近くあるが、年金をもらえる65歳までは無収入だ。今まで年金には無頓着だったが、これはかなり大きな問題だ。

 急に私は不安になった。日頃、子供の金を当てにする老人にだけはなりたくないと思っていたが、お金がなくて子供のところに金乞いに行く、汚いバーちゃん姿(昔の人気ドラマ「時間ですよ」の樹希樹林演じるおきんちゃんみたいなばーちゃん)の自分が頭に浮かんだ。息子や娘の家庭に転がり込んで、遠慮しなが晩御飯をいただき「おばーちゃん、お年のわりにはたくさん召し上がるのねー」なんて、嫁に皮肉を言われてさ。帰る時に「…。今月分。少しだけもらえるかな…」なんて、息子に乞うと「おふくろ。散々、若い時にやりたいことやってきたツケが回ってきたんだよな。アリとキリギリスの話は本当だったんだよな」と毎月同じ皮肉を言われてさ。

 あーあ、イヤダ、イヤダ!これだけは避けたい。子供のお金を当てにする親にだけはなりたくなーい!絶対にイヤーだ!なんとしても5年間は食いつないでやる!

 大急ぎで家に戻り、家中の貯金通帳や生命保険証をチェックして気絶した。この貯蓄高では私の老後はやっぱ、おきんちゃんになるしかない。どうやったら、これから5千万貯まるのよ? 宝くじか競馬の大穴当てるしかないじゃん。今度の菊花賞、ディープインパクトが来ないのを想定して馬券を買えっていうの? そんなの無理、無理。どんなに倹約したって、そんな大金が貯まるはずないじゃん!!!!。いくら食費や高熱費をケチっても、そんなの焼け石に水だーい。

 胸糞悪くなって、貯金通帳を蹴っ飛ばしたら、柱に足があたってつま先が腫れるほど痛い。今日こそ、あのクリーニング屋に行ったのを後悔した日はない。でも、これは近い将来に確実にやって来る大きな問題。目をそむけるわけにはいかない。

「チリも積もれば山となる」

この格言を信じて、明日からは一度もつけたことのない家計簿をつけてみようかなぁ…。でも、多分、1日で嫌になるかもなぁ…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。