スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハル・ベリーとオウム裁判

2月27日(金)

去年のアカデミー賞主演女優賞に輝いた、ハル・ベリーの来日記者会見が新宿パークハイアットであった。会見に出席予定だった共演のロバート・ダウニー・jrは残念ながら、欠席。ダウニーも「チャーリー」でその演技力の奥深さに注目していたので欠席は本当に残念だった。

去年「チョコレート」で夫を絞首刑にされた妻、母親の葛藤を切なく、哀しく演じていたハルの存在感には圧倒された。近年まれに見る演技派女優だと確信していた。そう言えば去年のアカデミー賞は主演女優、男優(デンゼル・ワシントン)とも黒人俳優であったのも、画期的だった。

ハルの今回の作品は「ゴシカ」というサイコホラー作品。しかし、時間がなくて試写を見てなかったので、プレスの内容で映画の詳細を知った。「チョコレート」から一変して、ホラーの主人公。女子刑務所精神病棟に勤める精神科医役である。会見からハルがこの映画に出演した動機がはっきりしてきた。ハルの実の母親が精神科医であったそうだ。精神を病んだ人々の苦悩。ハルは子供の頃から日常の中で見つめていたそうだ。

それにしてもハルは美しい。八頭身のスラッとした体。彫りの深い顔。記者を見つめる眼差しは優しく慈愛に満ちている。その美しさをさらにさらに引き立てているのは、彼女の内面の豊かさとインテリジェンス。今まで見たホラー作品で一番感動した作品を3つあげてください、という質問に「シャイニング、エクソシスト、ハロウインPART1」を上げた。私自身も、シャイニング、エクソシスト、はホラーの聖書だと信じていたので、これにも共感した。しかし、タイムリミットでその理由を聞くことはできなかった。

記者会見が終わると、オーム裁判の判決が下された。「松本被告死刑」。戦後最大の残酷極まりない猟奇的犯罪の当然の結果だった。地下鉄サリン事件の被害者で未だに社会復帰できず病魔と闘っている方、遺族の方たちの気持ちを思うと、死刑でも、足りない刑だ。

しかし、こういった犯罪者を作りだした社会背景にこそ、真の病巣があるのではないだろうか?

パークハイアットを出て、新宿駅南口まで歩く。人々が行き交う雑踏。「蛇とピアス」の主人公ギャル、イワシが腐ったようなどんよりとした目つきのサラリーマン、やたら声がでかいオバサン集団、風俗ティッシュを無表情で配るギャル男。彼らはこの判決を一体、どう捉えているのだろうか?
スポンサーサイト

モハメッ・ドアリVSマイク・タイソン

ひゃー、ほろ酔い加減で今帰宅。

今日はメチャクチャ楽しかった。久しぶりに立て続けで試写に行く。1本目はUIP映画の「missing」主演はケイト・ブランシェット、トミー・リー・ジョーンズ。1980年代のアメリカインディアンをテーマにしたもの。終了後、駆け込むようにヤマハホールで「ピーター・パン」の完成披露試写。久しぶりに2本映画のはしご。2本とも、抜群のできでもうもう満喫。更新しなければならない新作映画がまたまた増えてしまった。

2本目終了後、マリリンサイトの製作者であり、フォトグラファーの井手宏幸さんと表参道で一杯やった。映画、政治、ニューヨークの近況、クラッシック、ロックと話がはずみ時が経つのを忘れてしまった。それで、また午前様。

で、で、やっぱ、その中でも1番趣味が合うのがヘビー級ボクシング。私はモハメッド・アリがカシアス・クレイと名乗っていた頃から、大、大、大のヘビー級フリーク。悲しいかな、周囲にヘビー級ファンがいないので、井手さんと会った時に、へビー級ボクシングで盛り上がり、至福の時を過ごす。

やはり、「蝶のように舞い、蜂のように刺す」瞬発力のアリと一発のウルトラパンチで決めるタイソンとの比較ボクシング論。アリとタイソンを今闘わせたら、どうなるか、架空試合を想像しながら、ウヒャウヒャ、大笑い。私はやはりタイソンの方が強いのではないかと、マジ思った。

タイソンはボクサーという以前に最大のエンターテーナーだ。世界一のアブねー、狂気の男と言われているが、やはり、リングでのコミカルなパフォーマンスはどんなショーを見ているよりも楽しい。ボクシング引退が実に寂しい。k1転身、ボブ・サップと闘ったらどうなるか?あのウルトラパンチでサップをうちのめしてほしい。なんて思っている。

やはり、タイソンの試合で1番おかしかったのが、クリンチで逃げているホリーフィールドの耳を噛み千切った試合。あれは、腹を抱えて笑ってしまった。あんな試合見たことねー。

翌日のワールドニュースがこれまた傑作。元NBAの悪役ロットマンのコメントにさらに腹を抱えて笑ってしまった。思い出しても忘れない(?アルコールのせいかも)
「俺もかなりの悪党だが、タイソンにはかなわねーよ。なにしろ、どんなに頭にきても、俺は耳にはかみつかねーもんな」

また、また、大爆笑。

ボクシングの話なんて、めったにしていなかったので、楽しくてついついビールが進み、今、最高の気分!いやー、競馬、映画、ロックもいいけど、ヘビー級も同じくらいいいもんだ。アリはともかく、タイソンの試合は1度は生で見たかった。ぐや

西日本放送、小中陽太郎のおはようホットライン

昨日(04/2/2)、我が恩師、小中陽太郎先生から、朝8:30分に電話があった。

ちょうど、友達とプールに行く約束をしている最中のキャッチ音。しばし、友達に「チョイ待って!後でかけなおすね」と言い、キャッチにシフト。

「今日、陽子さんの応援しているシービスケットとハルウララのことをラジオで言おうと思っているんだけど」

と陽太郎先生のお声。

「えっ?本当ですか?うれしいです。是非、是非、お願いします。シービスケットはアカデミー賞7部門にノミネートされたんですよ。凄いことですよ!」

そう言うと先生は「わかった。今もう、オンエア前で待機中。すでにラジオ局と電話が繋がっている」とおっしゃる。

と、すぐ電話を切った。なんだか、とっても慌しいやり取りだった。少ししてから先生の携帯に詳細を伺うメールを送る。西日本放送毎朝9時「小中陽太郎のおはようホットライン」という15年間も続いている長寿ラジオ番組に先生が出演しているのは知っていたが、初めての競馬情報のコメントだったそうだ。

我が師はあまり、いえ、頗る競馬には興味がない方である。しかし、私が競馬本を出版したり、競馬をテーマにした映画「シービスケット」に感動したことを何度か話しているうちに、先生にも競馬病が、競走馬病が伝染してしまった。

先日は元同志社大学ラグビー部で超有名な選手・平尾氏(元全日本代表監督)と同期で活躍なさっていた長瀬智之さんの油彩画展の案内状も、先生から転送されてきた。長瀬氏はラクビーの世界から180度異なる競走馬の世界に魅せられ、画家に転じた異色な方である。苛酷な競走馬の生存競争の中で、馬本来の穏やかな表情、優しい瞳を表現するその絵画を拝見すると、胸が一杯になった。馬の深淵に迫る表情がそこにあった。

競走馬を通して、私の世界がまた一つ広がった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。