スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症発症と小林幸子ショー

小林幸子ショー

(明治座の中にあるメガ小林幸子ちゃん。ちょっと不気味だけど、おかし!)

この時期、花粉症でくしゃみしている人を見て、気の毒だなーって思っていた。なにせ、私は杉の木の下にいても、くしゃみ鼻水なんて、全く無縁の頑強人間だった。

でも、でも、でも、でもーーーー。

なんと、今週の月曜日から突然、花粉症になってしまった。花粉症はある日突然やってくると言われていたが、まさにその通り。突然、目がしょぼしょぼとして痒くなり、くしゃみ連発、水のような鼻水がタラリタラリと止まらない。おまけに頭重感も出てきて、元々なかった思考能力がなくなり、5月に向けての講演会のイベントの準備が全くできない状態。

花粉症がこんなに憂鬱なもんだと思っていなかった。そのことを花粉症暦30年の幼馴染に話すと、

「ねー、そうでしょ?今まで、この時期になるとダースベーダーみたいなマスクをしている私を笑っていたあなた。やっと、私の辛い気持ちが分かったでしょ?」と皮肉混じりのお返事。

教訓!「人の不幸を笑うものは、いつしか自分も不幸になる」という新たな哲学がマリリンに生まれた。

で、友達が私の花粉症デビューを祝って(これって意地悪だよね)、なんと、演歌の女王・小林幸子ショーの明治座公演に招待してくれた。

ヘビメタ、ハードロックの熱狂的ファンであるマリリンをよく知っているのに、演歌とは!これもアイロニーが込められているよね。ほんと。

「花粉症は今までにないカルチャーを経験すると、軽減されるかも?」と友達が強く誘ったので、小林幸子ショーに行くことにした

なんと、今年のライブはガンズ&ローゼズの次が小林幸子ショーになるなんて思ってもみなかった。
この乖離、この落差。

明治座は確か、若尾文子の芝居を見て以来だったが、都営新宿線の浜町駅で降りると、小林幸子ショーを見に行くファンで溢れていた。どこを見ても、オババやオジジばかりで、まるで老人福祉センターみたいだった。

かくいうマリリンも、四捨五入すれば、このグループの一員だから、笑えない。

小林幸子ショーの第一部はお芝居。「かあちゃん」という3人の子持ちの女が、浅草でたくましく生きる話。ま、そこそこ楽しかった。

そして、第2部が歌謡ショー。小林幸子の曲で知っているのは「思い出酒」くらいだが、歌謡ショーの舞台演出が斬新で、「おー、歌謡ショーもついにCGを駆使して、『アバター』に迫る勢い。これが実に良かった。


確かに小林幸子の声は素晴らしい!長い間、演歌の女王として君臨できるだけの力を持っていると実感した。なんだか、小林幸子のファンになってしまいそうで…。

「小林幸子グッズ売り場」で、さっちゃんのボールペンを買ってしまって、それが決定的になった。

友達が、

「ね、いいでしょ?メタルと演歌にも共通点があるんだよ!特に小林幸子はヘビメタに近い何かを持っているんだよ」と、力説。

うーん。そうかもしれない。

とにかく大満足な小林幸子ショーだった。

ライブが終わって、外に出た途端、友達も私も、爆弾のようなくしゃみを連発。大急ぎでマスク着用。
お互いの顔を見て大笑い。花粉症でより親しくなれた私たちだった。
スポンサーサイト

忌野清志郎さんが死んじゃった…。

反戦、アナーキーロックの神様・清志郎が死んじゃった。

3年前にガンにかかっても、見事に復活した。

でも、清志郎の体の中で、密かにガンが暴れていたんだろう。

アナーキーな清志郎のガンだから、きっとアナーキーに縦横無尽に暴れまくっていたんだろう。

アナーキーなのは清志郎だけでたくさんだったのに!

RCサクセション。坂本龍一とコラボした「い・け・な・いルージュマジック」。歌が上手いんだか下手だか分からない独特の歌い回し。でも、あのクネクネとしたクセのあるボイスが胸にギンギンと響き、心にこびりついていた全ての垢を洗い落としてくれた。

パンクロック風にした「君が代」を発表した時には、もっとびっくりした。国家をパンクにしちゃうんだから…。

清志郎。58歳。

「昇って来たぜ、ベイベー」なんて、天国で言うのは早すぎるぜ!

「百合」のワンマンライブ IN 代々木

百合ライブ


昨晩、代々木のLAB0で「百合」のワンマンライブを見てきた。

ボーカルの小田クン、ギターのゆうも、体調最悪なのは知っていた。

裸のゆうは、盲腸で入院。病院先から外出届けをもらって、ライブ会場にやってきた。

リハーサルもできない、きちんとした準備ができない。ミュージシャンにとっては致命的な状況でライブをやらなければならない焦燥感やジレンマが、ひしひしと伝わった。


だが、しかしである。

そんな不運の中、「百合」は見事にライブを盛り上げていた。ここ1年で「百合」のサウンドは確実に進歩している。

ボーカルの小田君の声量は、喉を痛めているとは思えないほどパワフルだった。40年間のロック歴のあるマリリンには、その声はディープ・パープルのイアン・ギランがダブった。

裸のゆうの、ギターソロは、肩を痛めてもライブに臨んだ一昨年のボンジョヴィのリッチー・サンボラがダブった。

つっちーのドラムソロは、オジー・オズボーンのトミー・アルドリッチが、あっきーのベースはモトリークルーのニッキー・シックスがダブる。

個性的なミクスチャー・ロックの最高峰を目指して、これからも頑張ってほしい!

「百合」期待しているぜ!

百合 ONE MAN  "Lily of single-wheel"

百合 かっちょいいバンド「百合」で~す!


ここんとこ、L・A・ガンズの「L・A・GUNZ ‘砲‘」にはまっている。

いつか聴いてみようと思っているうちに、いつのまにかCD棚の下の方に置いてけぼりにしてあった。

凄い!凄い!きちんと聴いて、良かった。久しぶりに本格的へヴィーメタルを聴いたようで、ぶっ飛んでいた。

ヘビメタ友達のランディ君がオープニングの「NO MERCY」から「SEX ACTION」「ONE MORE REASON」「ELECTRIC GYPSY」へと続く流れが、スンバラシイと言っていたが、全くその通り。曲の勢いが胸にずんずん迫ってくる。


ところで、12月6日(土)PM7:00から、マリリンが応援しているロックバンド「百合」のワンマンショーが代々木の「LIVE labo YOYOGI 」で開催される。ワンマンショーは初めてなので絶対に行くつもり。ギターの裸のゆうに、「マリリンは絶対に行くぞ」と誓った。


ところで、ハタと考えた。たった一人で妙なオババがライブ会場に行くのも、なんだか気が引ける。そんな羞恥心がやっとマリリンにも芽生えてきた。これでも少しは成長したのだろうか?

で、旦那を誘うと思ったけど、オババとオヤジのカップルがいたら、一人でいるよりもカッチョ悪い。周囲のタテノリ系の子供たちがドン引きしてしまう。「百合」のメンバーにも、ちょっとかわいそうだ。

そんなんで、娘と娘のカレシを脅かして、同行させることにした。娘も娘のカレシも、ギトギトの真面目人間なんで、ヘビーロックなんて興味がないが、メタルババァを母親に持つ娘と付き合っていくなら、マリリンを理解しろ!

「君たちよ。金を貯めることばかり考えていないで、ロックに目覚めよ!」とカツをいれてやった。

なにせ、家の娘は誰に似たのか、ドケチで、貯金が趣味の大学生だ。毎朝、マイ金庫の中身の貯金通帳をチェックしている。マリリンは密かに娘を歩く「武富士」と呼んでいる。


あ、話はそれた。とにかく「百合」のロックを聴きに行くのが楽しみだ!!!
皆さんもぜひとも!


詳細は百合のページに載っていますので、ロックファンはぜひともいらしてくださいね!凄いサウンドですよ。めちゃくちゃ乗れますよ!

2008 . 12 . 6 . sat . LIVE labo YOYOGI . ワンマンライブ
『 Lily of single-wheel 』 open/18:00 start/19:00 前売¥2300 当日¥2800
CD+DVD 『 E A R T H 』 Release ¥1500 (with tax) 公演会場にて販売

「WE GOT  IT  GOING  ON」~ボン・ジョヴィのロスト・ハイウェイ

 ここんと、仕事、プライベートとごちゃごちゃになってしまって、頭はぐちゃぐちゃ、体はヘロヘロ。疲労度100%だった。
 
 でも、昨日、締め切り原稿を2本入れたので、今日は「ホンワカ系」のマリリンだ。

 で、ロンドンで5£で買ってきたボン・ジョヴィのアルバム「ロスト・ハイウェイ」を、やっとじっくりと聞くことができた。感激!!!

 ボンジョヴィを好きだと言うと、やっぱメタルが好きなヒップホップダンサーの男友達(27歳)に

 「マリリンさんは、生粋の骨太メタラーでしょ?ブラック・サバスからオジー・オズボーンのファンで、ランディ・ローズのギターで、めちゃくちゃオジー・オズボーンバンドに目覚めたんっすよね?オイラが生まれる前のことだから、マリリンさんって、過去の遺物、マジすげー人だと思っていたけど。だけんど、ボンジョヴィがスキって言うのが、理解できないっすよ????ボンジョヴィはメタルじゃないっすよ!ありゃー、ポップスじゃねっすか?」

 と、彼はツバをペッペッと飛ばして、ムキになる。

 「そうだよね。確かにボンジョヴィは、AC/DC、ドッケン、モトリクルー、ガンズ&ローゼズなんかに比べたら、メタル度が下がるけどさー、でも、好きなもんは好きだからしょうがないじゃん。理屈がなくても好きになる時もあるウィッシュ」

 と、キッと反論した。

 突然、これと似たやり取りがデジャブとなって甦った。それは高校生の時だった。

 「レッド・ツェッペリン、ディープ・パープル、ユーライアヒープ、ジャニス・ジョップリンが好きなのに、なんで、カントリーっぽい芋バンド・CCR(クリーデンス・クリアーウォーター・リバイバル)のアルバム買うの?邪道だよ」

 と、ロック女のカズコにバカにされたことがあった。確かにあの時、CCRは私のジャンルの中になかったけど、「プラウドメアリー」「悲しいうわさ」「雨を見たかい」を聴いて、一発逆転、大好きになってしまった。この時も、エクスキューズで、「理屈がなくても好きになっちゃいけない?」と、カズコを睨みつけていた。

 ハードロック、メタル、クラシック、演歌、フォーク、カントリー、R&B。ジャンルに関係なく、突然、理屈もなく好きになる曲もあってもいいじゃんね。

 今、とにかく、マリリンはボンジョヴィに夢中なのだ。そして、遅ればせながら、アルバム「ロストハイウェイ」を聴きこんで、トラック5の「WE GOT IT GOING ON」にぶっ飛んでいる。

 ノリがいい曲なんで、今、スネイクダンスで超セクシーに踊り狂っている。見たいっしょ?ジャネット・ジャクソンみたいよ(^_-)-☆。

 ああ、チョー気持ちいい!!

 やっぱ、ロックは命の洗濯だわい!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。