スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜作り

最近、年金生活者のための雑誌が本屋さんにたくさん並んでいる。「いきいき」「年金生活。」などなど。

これも高齢化社会が生み出した雑誌なのかもしれない。自分にはほど遠いものだと思っていたら、あっという間にその日が目前に迫っている。

「私は私、ずっと変わらない。映画、ヘビメタ、ボクシング、サッカー、旅行、もっちろん競馬だけを追いかけて老後を過ごすぞ!」と固く誓っていた。

高齢者の楽しみ方である「田舎に住む」とか「趣味に生きる」。その中で圧倒的人気なのが「家庭菜園」あるいはレンタル農園で野菜を作ることらしい。そんなことなど、私は絶対にしないと思っていた。なぜなら、子育てだけで精いっぱいだったので、例えばペットや野菜や花などの命のあるものには二度と責任を持ちたくなかったからだ。つまり、手間暇かかるものは子育てだけでたくさんだった。

ところが、である。雑草だらけの猫の額ばかりの我が家の庭はジャングル化していて、やぶ蚊がブンブン飛んでいるので庭に出たことがなかった。

それなのに何を思ったか、私は何のためらいもなく、アマゾンで草刈り機「草刈り健太君」を購入していた。草刈りのために買ったかというと、実は「草刈り健太君」の名前が面白かったので買った。

でも、届いた以上は使用しないとと思い、先日、草刈り健太君を作動させた。そしたら、猫の額のジャングル庭の雑草が見る見るうちに刈られて、土が顔を出した。初めて、自分の家の庭に土があることを発見した。そして、見ると案外、庭が広かったことに驚いた。

「なんか、庭ってジャングルじゃなかったんだ。結構、いいロケーションじゃない」
と、独り言を言った。

で、この間、ホームセンターに寄ったら、園芸コーナーに29円でキャベツ、レタス、ししとう、トウガラシ、ナスの苗があったので、突然、私は買うことにした。この安さなら失敗しても損がないもの。

子育て以外に生命体に責任を持ちたくなかった私だが、急にすっきりしたとキレイになった庭で野菜を育ててみようかという気持ちになったのだ。

園芸に詳しい友達に植え方を教わり、なんとか苗を植えた。水遣りや追肥をしていると、なんと、苗はだんだんと大きくなっていくではないか!

こうなると、「早く大きくなれ、早く花よ咲けよ、実がなれよ!」と、お百姓さんの気持ちがよくわかってきた。毎朝、水をやる喜びで胸がいっぱいになっている。

「いきいき」や「年金生活。」に登場する年金受給者の趣味の菜園の喜びが手に取るようにわかったのだ。

しかし、ここで私は彼ら、彼女らと決定的な違いを発見した。たった、5つの苗しか植えていないし、実がなるかもわからないのに、私は密かに自分の作った野菜を「道の駅」に出荷しようと思っているからだ。

「製作者はマリリン。無農薬で真心をこめて育てました。とってもおいしいですよ」のキャッチコピーまでも考えていた。

「誇大妄想もいい加減にしな!」と、友達に恫喝されたが、壮大な夢を持つことこそ、老後じゃないのかしら。つまり、私の場合、転んでもただでは起きないとんでもないババーとして君臨し続けるってこと。

2野菜
スポンサーサイト

新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

60回目の新年を病むことなく、元気に迎えることができて本当に幸せだと思います。

今年は同い年の旦那が年金をもらえることになっているので、マジ、うれしす。

私は65歳から国民年金がもらえるけど、まだ、あと5年。働かなくても、お金が入るって、少額でも、やっぱ、うれしいもんですね。

今年も映画、競馬、講演、執筆と頑張っていきたいと思います。

特に年金関係のことは書いていきたいと思っております。

「早く結婚しろ」や「産めないのか」のヤジへの報復

都議会一般質問で、晩婚化について質問した塩村文夏都議に対して、

「早く結婚しろ」「産めないのか」という、超下品なおっさんのヤジが飛んだ。

これに対して、犯人捜しが始まり、名乗り出たのが鈴木章浩という51歳になるおっさん都議だった。この人は「早く結婚しろ」との嫌疑で見つかった。

しかし、「産めないのか」のヤジは誰が飛ばしたかが未解決である。

この一連の流れで、私は塩村文夏都議に変わって、反論してやりたい!願わくば、都議会の席で、塩村女子本人にも反論してもらいたかった言葉だ。

ヤジ   
「産めないのか」

塩村都議  
「おめーのような力尽きた『竿』で、子供孕ませる力あんのかよ?人に子供産めなんて、ほざけたこというんじゃねーよ!この『ふにゃちんヤロー』!」


 

年金生活夫婦のお買いもの

子供たちが独立してから、旦那と私二人の食費は激減した。

もっとも、還暦を迎えた夫妻なんだから、じじーババーの食う料などたかが知れている。スーーパーに行く回数も減ったので、なんかものすごく楽になった。家事から解放されるから、年を取るのも悪くないかな、なんて思えてきた。

しかし、今日は温度が上がったせいか、無性に豚の生姜焼きが食べたくなり、近所のスーパーに行った。私は必要なものだけ買うと、他の品物に目もくれないので、とにかく肉売り場に直行した。

牛肉、豚肉、鶏肉のブースが三列に配置されているので、牛さん、鳥さんを飛ばして豚さんのコーナーに行った。

「日替わり目玉 生姜焼き用100グラム128円」のポップが立っている所で、私はピタッと止まった。年金生活目前なので、とにかくいい物を安く買うことしか頭になかった。

「日替わり目玉」というキャッチコピーに魅了され、300グラムで384円の生姜焼きパック肉を籠に入れた。生姜は冷蔵庫にたくさんあるので、私の本日のノルマは達成したわけだ。

で、レジに向かおうとした瞬間、マリリンの行くところには必ず何かが起こる。いや、私が人間観察大好きな女だから、それは起こるというよりは、リサーチしてしまうのだろう。

私のすぐそばにいた60代後半の夫婦のことである。旦那はたくさんの食料が入ったカートを押していた。そのそばで奥さんが、私と同じように豚肉を物色していたのだ。妻は探しに探し求めて選んだ肉を手に持つと、カートにいる旦那のところに持って行った。

旦那は西郷隆盛みたいにでっかい男で、やたら威張ったような感じがしたので、私は一瞬にして、こういったじーさんとはウマが合わないと肌で感じた。

奥さんが旦那に肉を見せると、

「お前、ちゃんと選んだか?ちゃんと一番新しい日付のものを持ってきたか?やり直しだ!もう一度行って、一番新しい日付のものを、それも、製造時間が一番新しいものを探してこい!」

眼を据えて、怒鳴っていた。

「あーあ、やっぱり予想通り、この西郷隆盛さんは、私がいっちゃん嫌いなタイプのジーさん」
と、私は声に出して言った。小さな声なので、西郷さんは聞こえなかった。

子育てを終え、夫婦二人だけになり、収入は年金だけになってしまった夫婦の末裔はこんななのか?いや、こんな夫婦は稀有な例なのではないかと友達にそのことを真っ先に話したら、

「うちだって、そんなもんよ。定年退職して年金生活になっても、現役のころとちっとも変らず、旦那は私のこと小間使いみたいだと思っているんだから」

そう愚痴って言った。

その返答を聞いて、私は憂鬱な気分になった。

なぜなら、私の夫婦とまったく違うからである。旦那がもし私の買い物に口出ししようなものなら、我が家では血の雨が降るだろう。そろそろ定年の声が聞こえる旦那ではあるが、退職して家にいるようになっても、私は絶対に旦那となんかスーパーに行かない。

「いや、行かせない!」

私自身が買い物が好きな方じゃないから、なおさらだ。まして、カートのそばで仁王立ちしている旦那に買いたい品物をチェックされるなんて、絶対に許せない!

家庭内ファシズムじゃないか!

年金生活というのは、ある意味で年金額が少なくとも、余生を満喫するためにあるはずである。残された人生を自由にのびのびと生きてこそ年金生活なのである。

こんな旦那と死ぬまで付き合わなければならないなんて、私は信じられない。

その夜の豚肉の生姜焼きを食べながら、ファシズムじーさんの姿が頭から離れなかった。



「人生は冥土までの暇つぶし」

今年で還暦になる。50歳になることよりも60歳になることの方が重みがあるので「還暦」なんていう言葉ができたのかもしれない。

織田信長は「人生わずか50年」と言ったが、戦国時代から明治にかけての人の寿命は50歳までだった。

しかし、現代の日本の男女の平均寿命は、男が79歳で女が86歳。

なんと30年も延長したわけである。

もし私が戦国時代の人ならば、すでに昇天していた。

ましてや、その時代に私がもし60歳になったと言えば、「金さん銀さん」みたいな扱いを受け、巷の噂の的になり、びっくり仰天されていただろう。

うーん。わずか500年で寿命が30年も伸びるなんて、マジ凄い!と、改めて実感している。

で、還暦を迎えたにしても、その先普通に生きれれば、私には後26年はあるのだ。

うーん。ここで、どう生きるか?

その問いに、尊敬する作家であり僧正である故・今東光和尚が答えてくれた。もともと、リアルタイムで尊敬し、和尚の「極道辻説法」をバイブルとしていた私なので、若いころにはぴーんと来なかった答えであるが、還暦を迎えるにあたって、これほど的を射た言葉はないと実感した。


「人生は冥土までの暇つぶしや。

 
 だからこそ、上等な暇つぶしをせなあかん」




そうだ!これだ!まさにこれだ!

明日からは上等な暇つぶしのために、精一杯生きていくぞ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。