スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「少~し切なくて、長~く興奮」~ボンジョヴィ来日公演レポ

ボンジョヴィ来日

熱い2時間15分だった。

ロンドンに10年間滞在し、ボンジョヴィのコラムを書いていた女性と友達である女の子と一緒に、私はオープニングの曲を予想していた。

「グレイテストヒットを引っさげて来日したんだから、もちろん、デビュー曲の『夜明けのランナウェイ』しょ?」と、彼女が言った。

「ちゃうちゃう、メガヒットした『LIVIN‘ON A PRAYER』でしょ?絶対にさー」と、私。

意見が割れていたら、開演7時ちょっと過ぎた瞬間、舞台が暗転した。5万人のボンジョヴィファンが固唾を呑んでステージに集中する。その瞬間、東京ドームは物音一つ聞こえない、沈黙のゾーンとなった。

突然、大爆音が出た。ドーム中を雷が落ちたような轟きと共に、夜の「しじま」にいた観衆が、まるで壮快な朝を迎えたかのようにうるさく騒ぎ始めた。

『BLOOD ON BLOOD』がオープニングの曲だった。私も彼女の予想は見事外れてしまった。アルバム『NEW JERJEY』の大好きな曲だったので、予想が外れてくれて、かえって良かったなんて思った。

ボン・ジョヴィのライブは2006年の「 Have A Nice Day Tour 」以来だ。この時、ライブ時間は3時間を回っていたんじゃないだろうか?凄い興奮した覚えがある。

今回のライブのアンコールは2曲で、時間も短くなっていたが、私はボン・ジョヴィワールドに陶酔し、腕を振り上げっぱなしだった。

ロックの魅力、ロックの偉大さ。そして、観衆を一つにしてしまうボンジョヴィのサウンドの素晴らしさ。

しかし、ビジョンに写る48歳のジョンの顔を見て、そして、ジョンが『夜明けのランナウェイ』を唄う前に「遠い昔の僕らの曲」と言った言葉に、私は今回のライブはいつものライブとは違う感じがしたのだ。

なんというのだろうか?「ボン・ジョヴィも年を取ってしまったのか?」なんていう、ステレオタイプの単純な気持ちでは決してない。

なんというのだろうか?「もしかしたら、これで、ボン・ジョヴィは解散してしまうのではないだろうか?」という寂寞感に近い気持ちだった。

今回のステージには全てをやり尽くしてしまったような、燃焼してしまったような、そんなボン・ジョヴィの新しい面が見えたのだ。


スタジアム公演41回と、マイケル・ジャクソンの39回を抜いてトップにたったボン・ジョヴィ。ライバルは決してマイケルではないはずだが、本当の意味でボン・ジョヴィは世界の王者になってしまった。

今回のライブに複雑な気持ちを持ったのも、豊満の寂しさからくる切なさが加味されていたからかもしれない。

なーんて、独りよがりの私。でも、未だにライブ熱が冷めず、朝に晩にボン・ジョヴィを聴きまくっている。

うーん、やっぱ、世界の王者になっちゃったのかなぁ…。


【セットリスト】


1.Blood on Blood

2.We Weren't Born to Follow

3.You Give Love a Bad Name

4.Born to Be My Baby (もう、最高のノリの大好きな曲。セクシーなジョンの一面が出ている貴重な曲)

5.Lost Highway Play

6.Whole Lot Of Leavin'

7.When We Were Beautiful

8.It's My Life

9.I'll Sleep When I'm Dead

10.We Got It Goin' On (会場で踊りまくってしまったほどノリのいい曲)

11.Bad Medicine (凄いアドリブが効いためちゃくちゃ長い悪い薬でした)

12.Lay Your Hands on Me

13.What Do You Got?

14.(You Want To) Make A Memory

15.I'll Be There For You (この究極のバラード、ジョンの叫び、リッチーの嘶きに気絶しそうになった。君のためなら、空から太陽だって盗んでみせる!ジョンにこう言われたので、私は昇天しそうになった。)

16.Someday I'll Be Saturday Night

17.Work for the Working Man

18.Runaway

19.Raise Your Hands

20.Who Says You Can't Go Home

21.Keep the Faith (スタジオテイクとは全く違った新生Keep the Faith で、マジぶっ飛んだ)

Encore?

22.Wanted Dead or Alive
23.Livin' on a Prayer  (やっぱ、この曲が最後でした。始めか終わりだよね。この名曲は)
スポンサーサイト

椿鬼奴さんがうらやまじぃ~ボン・ジョヴィ来日公演

ボンジョヴィ



オジー・オズボーンの単独ライブがあまりにも素晴らし過ぎて、未だに熱が冷めないマリリン。

今年の私の人生の楽しみは終わった…と思っていたら、


じゃーん!!!なんと、昨日、12月1日の東京ドームで行われるボン・ジョヴィのチケットが手元に届いた。

今回で、ボン・ジョヴィのライブに参戦するのは3回目。

11月3日に発売されたニューアルバム『グレイテスト・ヒッツ -アルティメット・コレクション』のセットリストを見て、「もうたまらん、もうたまらん」と、またしても体中のアドレナリンがぶっ飛んでいた。

特に1枚目の収録曲

1、リヴィン・オン・ア・プレイヤー/LIVIN' ON A PRAYER
2、禁じられた愛/YOU GIVE LOVE A BAD NAME
3、イッツ・マイ・ライフ/IT'S MY LIFE

4、ハヴ・ア・ナイス・デイ/HAVE A NICE DAY

5、ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ/WANTED DEAD OR ALIVE
6、バッド・メディシン/BAD MEDICINE
7、ウィー・ワーント・ボーン・トゥ・フォロー/WE WEREN'T BORN TO FOLLOW
8、アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー/I'LL BE THERE FOR YOU
9、ボーン・トゥ・ビー・マイ・ベイビー/BORN TO BE MY BABY
10、ブレイズ・オブ・グローリー/BLAZE OF GLORY
11、フー・セズ・ユー・キャント・ゴー・ホーム/WHO SAYS YOU CAN'T GO HOME
12、レイ・ユア・ハンズ・オン・ミー/LAY YOUR HANDS ON ME
13、オールウェイズ/ALWAYS
14、夜明けのランナウェイ/RUNAWAY

マジっすか???

ボンジョヴィの最高に大好きな曲ばっかりじゃんよー!!!


つーことは、12月1日、東京ドームで、ジョンの美しい声とリッチー・サンボラのギターが聴けるっつうことで、今はとってもマジに幸せMAX。


パチンコ狂の芸人の椿鬼奴さんが、ボンジョヴィのファンであるとは聞いていたが、「ボン・ジョヴィ宣伝応援隊長」と任命されたと知り、嫉妬MAX。

いいなぁ!!!椿鬼奴さん、うらやましいなぁ!!!

でも、お互いにボン・ジョヴィファンてことで、許しちゃうよ。


オジー・オズボーンのおケツは白かった?!!!!@東京国際フォーラム

スクリーム



とっても綺麗なおケツだった。

62歳のおっさんのおケツとは思えないほど、シワ一つ無い真っ白な、まさにパーフェクトのつるつるのおケツだった。

10月13日、東京国際フォーラムで待望のオジー・オズボーンのライブを見て、マジにそう思った。オジーのライブを見たのは8年前の日本武道館以来。

新作「スクリーム」を引っさげての単独ライブだ。

62歳にもなって、ステージでズボンを下ろし、観客に割れ目の入ったリアルおケツを見せるミュージシャンは、いや、人間はまずいないだろう。

それだけで、もう、それだけで、オジー・オズボーンはメタル界のゴッドであり、異端の神様なのだ。

綺麗なおケツさながら、今回のライブは突出していた。ステージに置かれたバケツの水を観客にぶっ掛けるパフォーマンスはオジーの十八番なんだけど、さすが寄る年波にメタルゴッドも勝てない。

バケツを放り投げる腕の筋力が衰えたのか、遠心力が退化し、ステージのまん前の観客にだけ、毎回にわたって水がぶっ掛けられた。

バケツの水が無くなると、ステージ袖から、ニヒルなスタッフが出てきては、淡々とバケツに水を補充するおかしさったらない!!

バケツはジャパニーズアナクロの緑色のビニール製のバケツ。

メタルのライブにバケツという、いともアナクロな演出がぴったり似合うのもオジー・オズボーンならではのこと。

ぶっちゃけると、オジーはボーカリストでありながら、ブラック・サバス時代から歌が超下手糞だった。にも関わらず、ヘビーメタル界のゴッドとして君臨できるのは、このハチャメチャなパフォーマンスと、引き連れて来るバンドのメンバーのソフィスティケートされたテクニックにあるのだ。

名ギタリスト、ザック・ワイルドと別れ、今回のギターはギリシャ生まれのガス・G。30歳のめちゃくちゃ、カッケー!!!ギタリストで、素晴らしい実力の持ち主だった。

62歳の変人オッサンのオジーをガス・Gがホローしていた言ってもいいかもしれない。ガス・Gを慈しむように、オジーが頬を寄せる仕草に、あの夭折したオジー愛するランディ・ローズがダブってきた。

「ミスター・クロウリー」は早くも3番目に。魂を揺さぶられた名曲が奏でられると、なおさら、ガス・Gがランディに見えてきて、ちょっとだけ、涙が出ちゃったのである。

「クレイジートレイン」「アイドントノー」「スーサイドソリューション」「フライング・ハイ・アゲイン」と、ランディトリビュートの大好きな曲も全部やってくれた。

新曲「スクリーム」はあんまり聞いていなかったが、やはり、オジーといえばベストヒットが最高だよね。

62歳の老体に鞭を打つようにステージでヘッドバンしながらリズムを取るオジーだが、よたよたと歩く姿は、まるで徘徊老人のように滑稽でかわいらしく、会場を笑いの渦にしてくれる。

そのパフォーマンスにオジーファンは、心の疲れが癒されるのだ。

生きていく疲労感から解放され、異次元の世界の中で、真の「楽しさ」を味わうことができるのだ。

本来、ハードロック、ヘビーメタルのミュージシャンはカッコいいものである。

しかし、若い頃カッコ良かったミュージシャンは年を取ると、全盛期の昔の面影が消え、見ていて、どことな~く痛い感じがするも本音なのだ。(ぶっちゃけると、ストーンズのミック、ディープパープルのイアン・ギランetc)

でも、オジーは違う。ブラック・サバス時代から、すでにオジーは老醜を晒した老人だったのだ。神格化した年齢不詳の老人だったのだ。

神は決して年を取らない。

これこそ、メタルゴッドとして君臨できるオジーの素晴らしさなんだと、つくづく思った。

アンコールは「パラノイド」でフィニッシュのはずなのに、異例の2曲追加にもカ・ン・ゲ・キ!!!!!!

あーあ、私も一度でいいから、オジーのステージに立ち、オジーと一緒におケツを出して、Wリアルおケツで、人々を笑わせ、癒し、救済してみたい。

オジー、次はいつ来るのかい?

オジー・オズボーンがやって来る!!!

オジー


 死んだ人に年金が支給されていて、額に汗水たらして働き、せっせと年金払っていたサラリーマン労働者って、いったい何なのよ?自分たちの年金が確保されるかどうかわかんねーのにさ!

 20歳を超えた大学生の国民年金免除手続き申請を少しでも遅れただけで、毎年学生宛に来るあのバカ厚い国民年金の請求書。あの紙と郵送費用だってバカになんないじゃない?

 死亡届を出さずに、ショパンと同い年の老人の年金を貰っていた家族も言語道断だけど、それを見落とした社保庁のいい加減な体質に、マジむかつくわー!人の金、なんだと思ってるんだよ、このどアホ!

くっそー!年金がもらえるはずがないと、はなっから諦めて、年金を払わない若者が多くなっているけど、その気持ちが分かるよ。ほんと。

で、くそ暑い夏もひと段落。

 死者の年金受給で怒り心頭、社保庁のいい加減さに、マジとんがっていたマリリンだが、オジー・オズボーンの単独公演のチケットが手に入って、今は、最高の気分。最高に幸せ。

オジーは当初、日本最大のメタル・フェス“LOUD PARK 10”のトリだけ務めるはずだったけど、急遽、10月13日、東京国際フォーラムにて、単独ライブが決行。

メタル友達が、今、特電をかけてチケットを取ってくれた。

さすが持つべきはメタル友達。オジー・オズボーンファンはよか人ばかりじゃわい。

そんなんで、10月13日が楽しみでならない!

かーっと、体が熱くなり、アドレナリンがぶっ飛んだ!

「あーあ、メタルよ!メタルよ!あなたはどうしてメタルなの?」

オジー、大好き。オジー、この腐りきった日本の政治。年金問題に、雇用の不安定、官僚の天下りがいまだに蔓延っているに日本に、鳩を食いちぎってもいいからさ、「ファッキンロックンロール!」って、カツを入れておくれよね!

あの夭折した天才ギタリストランディ・ローズを発掘したオジー。「ミスター・クロウリー」「クレィジートレイン」、オジーのの生の声で聴けるんだね。

あーー、楽しみ!

あーあ、愛しのオジー。

心から待っているぜオジー!

今の日本を救うのはメタルゴッドのオジー・オズボーンしかいないぜ!


アクセル・ローズ、ありがとう!(ガンズ&ローゼズ ライブ イン 東京ドーム 2009)

アクセル・ローズ



「ガンズ&ローゼズ」のボーカリスト・アクセル・ローズ 47歳

あの世界的規模で大ヒットを放ったアルバム「アペタイト・フォー・ディストラクション」の時、アクセル・ローズは25歳だった。

アクセル・ローズのハチャメチャな性格、メンバーと喧嘩しては決裂の繰り返し。まさに、彼は「アペタイト・フォー・ディストラクション」を地で行くようなミュージシャンだ。

しかし、彼の生い立ちを探ってみたら、子供の頃、父親から虐待を受け、人間不信に陥った辛い過去があった。

アクセルは生まれた時から「負」の人生を歩む運命にあったのだ。

そのエピソードが、彼の破壊的な性格の礎となったのであれば、それもなぜか許せるような気がする。

             【2009年12月19日(日)東京ドーム】 

 開場時間は4時、開演開始は6時。私はガンズのグッツが欲しくて、すでに4時には東京ドームに着いていた。グッツ売り場はメチャクチャ混雑していたが、長蛇の列に並んで、ガンズの十八番の「髑髏マーク」のチビTシャツを一枚買った。

 会場に入ると、まだ時間が早かったせいか、アリーナ席はまばら。ガンズの前座となる日本の「ムック」というバンドのライブも見たが、ガンズの前ではかすんでしまうのが不憫だった。

 午後6時を回った頃にはアリーナ席は満杯になっていた。私の隣の席には栃木からやってきたアクセルファンの男性が二人いて、ほろ酔い加減だった。前の席にも、後ろの席にもいるアクセルファンの熱気に囲まれて、私の体温は1度ほど上昇していた。


 午後6時半。舞台は暗転した。ついにアクセル・ローズの「ガンズ&ローゼズ」の登場である。私は胸がドキドキした。ライブの興奮の50%は、この暗転してミュージシャンが現れるまでの間で燃焼するのは私だけでないだろう。

 オープニングの曲は思った通り「チャイニーズ・デモクラシー」だった。

 次のナンバーもこのアルバムの曲だとばかり思っていた。

しかし、しかし、しかしぃ!

 次の曲は私が一番聴きたかったあの曲、「WELCOME TO THE JUNGLE」だった。イントロのさわりで何度も繰り返し止め、焦らせて焦らせて、「アクセルよー、もう、我慢できねーよー!」と、周囲にいたファンと一緒になって声を荒げていると、ついに、あのぶっ飛ぶイントロダクションが始まった。

 アクセルの狼のような嘶きが始まった瞬間、ライブは始まったばかりなのに、まるで火山が爆発して、溶岩が会場に流れ込んできたような熱さとなっていた。

 観客は総立ち。

「WELCOME TO THE JUNGLE」という神の落とし子みたいな得体の知れない謎の曲に、私も興奮して腕を振り上げていた。

 うれしいことに、次の曲も「IT'S SO EASY 」「MR.BROWNSTONE 」と続き、「アペタイト・フォー・ディストラクション」のベストヒットは、完結していた。

 「チャイニーズ・デモクラシー」は先の日記で「いまいち」と書いてしまったけど、ライブ会場で聴いてみたら、これも実に良かったのだ。

 撤回。

 やはり、スタジオテイクよりも、ガンズはなんと言っても「ライブ」なんだとも思った。

 延々とライブは流れ、なんと、終了したの午後10時10分。約3時間40分もの記録的な長編ライブだった。アンコールのラストは「パラダイスシティ」。舞台には火が上がり、会場には花びらが散った。それは東京という「パラダイスシティー」をオマージュしているかのようだった。

 アクセルは分かっているんだ。ファンが何を求めているか、何を欲しがっているかも。

 アクセル・ローズ 47歳。
 ちょっとだけメタボ。
 だから、20代の頃のアクセルと比較してはいけない。

 中年の域に入ったアクセルだが、3時間40分間ものアグレッシブなライブ。アクセルは舞台の端から端まで疾走しながら唄い続けた。その激烈するタフなパワーに、会場にいたファンたちは、明日への生きる希望と活力を貰ったに違いない。

 アクセル・ローズ、ありがとう!
 

【セットリスト】
CHINESE DEMOCRACY
WELCOME TO THE JUNGLE
IT'S SO EASY
MR.BROWNSTONE
CATCHER IN THE RYE
SORRY
IF THE WORLD(この曲は、レオナルド・ディカプリオ主演映画『ワールドオブライズ』のエンディング曲)
(jam featuring Richard Fortus)
LIVE AND LET DIE〈Paul McCartney & Wings〉
(Dizzy Reed piano solo)
STREET OF DREAMS
YOU COULD BE MINE
ROCKET QUEEN
MY MICHELLE
(DJ Ashba guitar solo)
SWEET CHILD O' MINE
SHACKLER'S REVENGE
I.R.S.
(Axl Rose piano solo)(アクセルのピアノソロは素晴らしかった!)
NOVEMBER RAIN
WHOLE LOTTA ROSIE〈AC/DC〉のカバー曲
KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR〈Bob Dylan〉のカバー曲
SCRAPED
PROSTITUTE
THIS I LOVE
(Frank Ferrer drums solo)
OUT TA GET ME
(Bumblefoot guitar solo)
DON'T CRY
NIGHTRAIN

【アンコール】

MADAGASCAR
THERE WAS A TIME
MY GENERATION
BETTER
PATIENCE
NICE BOYS
PARADISE CITY(エンディングにふさわしい最高の選曲だった!最高!!!)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。