スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヨタロウ会」会員の皆様へ

ヨタロウ会の皆様にお知らせです

「マリリンの日常日記」に、今後の「ヨタロウ会」の風景を更新していくつもりでしたが、各出版社、新聞社などのメディアからの問い合わせや作家、評論家などの方たちから、メッセージや感想がたくさん届いています。

「マリリンの日常日記」では、抱えきれなくなりましたので、小中陽太郎さんと相談した結果、この際、「ヨタロウ会」を独立させることに決めました。

新しいブログはアメブロ「ヨタロウ会」です。

より充実させていくために、小中陽太郎さんの近況、ご著書の紹介や感想とともに、会員の皆様やご関係者様の近況やご活躍をご紹介していきたいと思います。

新ブログのコメント欄に書き込みなさってくださっても結構ですし、コメントが苦手な方は、瀧澤陽子あてにメールをいただければ転載します。

どうか、よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

「ヨタロウ会」~樽平にて

yotoro
           (小中陽太郎さんを囲んで)


ヨタロウ会
         ( 小中陽太郎さんのウィットのあるご挨拶)


ヨタロウ会はるみ先生
     (小中陽太郎夫人のいつまでもお若くて美しいはるみさんとマリリン)


yotoro
 (左からマリリン、演劇・映画ライターの木俣冬さん、アジアアフリカ作家会議時代からのお友達で文芸評論家の相原なおみちゃん、「知研」事務局長の秋田英澪子さん)

yotoro
 (須藤甚一郎さん、樋口裕一さん、浅井さんなど)

 12月27日午後6時半から、神田の居酒屋「樽平」で、小中陽太郎さんを囲む「ヨタロウ会」が開催された。今回は小中さんが上梓した「市民たちの青春 小田実と歩いた世界」(講談社)のミニ出版記念会も兼ねていた。


 35名もの参加者。かなり大掛かりで賑々しい会になった。

 「ヨタロウ会」の会長の元ポプラ社の名編集長・堀 佶(ただし)さん、平原社の社長のベン(渡辺勉)さん、小中さんの高校時代からのお友達の服部英樹さん、そのご子息の章君、元光文社編集長・浅井清宏さん、その奥様の弥生さん。弥生さんは健康食品会社のオーナーさんだ。アジア・アフリカ作家会議時代からのお友達の相原なおみちゃん、みや通信の坊野秀美さん、旅行作家の近藤節夫さん、尾嶋四郎さん、松川邦生さん、高橋衛さんなどなど。

 会員以外では『頭がいい人、悪い人の話し方』(PHP新書)で250万部以上の大ベストセラーを生んだ作家の樋口裕一さん、知研代表の八木哲郎さん、同じく事務局長の秋田英澪子さん、多摩大学教授の久恒啓一さん、日本ペンクラブ事務局長の井出勉さん、目黒区議で元芸能評論家の須藤甚一郎さん、演劇・映画ライターの木俣冬さん、学習院女子大教授で経済評論家の片山修さんなどなど。

 司会はいつものように、適当でいい加減な幹事の私が務めた。33名ということで、それぞれの方のスピーチは手短になってしまったけれど、マスコミ業界で活躍する方たちのお話は新鮮だった。

 もちろん、主役は小中陽太郎さん。上梓された「市民たちの青春 小田実と歩いた世界」(講談社)の出版エピソードや出席者の方たちとの交流のエピソードなどを、面白おかしくお話になった。

 奥様のはるみさんは気配りの女性で、会の裏方の私の気持ちを一番に理解してくれる。幹事や司会は慣れっこになっているものの、はるみさんのねぎらいの言葉に、私は俄然やる気が出るのだ。

 お席が隣同士になった方たちは初対面でも、酒宴が佳境になると、もう旧知の友のようにフレンドリーになれるのも、この会の醍醐味だ。

 小中陽太郎さんは、「人と人との出会いを作ってくれる天才だ」と思った。

 「ヨタロウ会会報」の編集が滞っているので、これからは私のブログで、「ヨタロウ会」の報告をし、形として残しておくつもりである。


(写真撮影は服部英樹さんです)

「ヨタロウ会」の下見

 久しぶりにマリリンシリーズの版元の平原社に行った。べんさん(渡辺勉編集長)と会うのも、数ヶ月ぶり。元気そうで良かった。マリリンシリーズ第3弾に向けて本格的に稼動しなきゃ!とマジに思った。
 
 事務所にはすでに、フリー編集者の福富さんがいらして、パソコンに向かって忙しそうにお仕事なさっていた。「競馬場のマリリンオフィシャルサイト」のトップページのデザインをもう少し、分かりやすくした方がいい、更新は頻繁にというアドバイスをいただいたが、さて、どうしよう。今はWEBの時代だからな…。
 
 少しして、作家の小中陽太郎さんと放送作家の菅沼定憲さんがいらした。

 このメンバーが集まった目的は、小中陽太郎さんを囲む暮れの「ヨタロウ会」の会場のリサーチだ。今回の会場の候補になったのが、神田西口にある「樽平」。早速、5人で神田界隈を歩きながら、下見に行った。
 
 
 ま、下見と打ち合わせという大義名分で飲むのが私たち「ヨタロウ会」の流れだ。「ヨタロウ会」の幹事になって、18年。年に2回の会場探しをいつも助けてくれるのが、陽太郎先生の奥様で、超美食家のはるみさんだ。はるみさんはお料理の腕も抜群、「家庭画報」に紹介されたほどの鉄人である。そのことを、以前、「新潟日報」の連載に書いた。

 去年の暮れは溜池山王の超高級中華料理店「楼外楼」だった。元小泉総理の行き着けのお店だそうだ。しかし、今年はぐっと庶民的にぐっとリーズナブルな「樽平」。値段が安いのに、お鍋料理は最高においしかった。べんさん、福富さん、陽太郎先生、菅沼さん、私で万乗一致で、次期会場に決定。

 陽太郎先生は、11月20日に講談社から「市民たちの青春  小田実と歩いた世界 」 いう新作を出版される。出版不況の中でも、この著作は物議を醸すかもしれない。発売日が楽しみだ。
 
 映画、歌舞伎、出版状況、オバマ大統領、筑紫哲也さんの死、小室哲哉逮捕の話題で、酒宴は盛り上がった。小室哲也逮捕のことでは、マリリンが一番詳しかった。なにせ、「globe」のライブは何度も見たし、マーク・パンサーのファンだったからだ。小室さんはまさに「落ちた偶像」だが、ホリエモンが逮捕された時はいい気味だと思ったけど、小室さんは華奢で小さいのでちょっとかわいそうな気もしないでもない。
 
 本当は弟子のマリリンが陽太郎先生にお酌しなければならないのに、いつも私にお酌してくれるのは陽太郎先生。「どっちが師匠か、わかんねーじゃんか」と、ベンさんは大笑いしていた。
 
 とても楽しい飲み会だった。
  

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。