スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18歳のヒップホップダンスの先生

昨日のヒップホップの先生は、な、な、なんと18歳の男の先生。

18歳???なんと、私よりも40歳も年下。ややもすると、孫みたいな年じゃないか!

レッスンの内容は、やっぱ、年が若いだけあって、パワフルで激しくて、振りにおいては、パンキングや
ロボットダンスまで、幅広い。

特にロボットダンスとブレイキングが専門だけあって、めっちゃカッケー!!!!

で、40歳年上の生徒の私は思ったのです。

やはり、運動というのは、若ければ若いほどその才能が開花できるということを。

元イングランド代表のベッカムが引退したけど、その年が38歳。

普通のサラリーマン生活をしていたら、まだまだ半人前の年だ。

しかし、スポーツの世界では38歳が引退時という。

うーん。18歳のその先生が「僕らの仕事は体が資本」と、かわゆく言っていたが、「みじかくも美しく燃え」
という、映画のタイトルを思い出していた。

人生の最良の時間は短い。

そう思うと、18歳のロボットダンスの先生のレッスンは、めっちゃ貴重なものだと思ったのだ。
スポンサーサイト

少女時代の「gee」



今月中に、少女時代の「gee」の振り付けを覚えなければならないマリリンです。

「少女時代」のダンスを「ババー時代」のマリリンが踊ります。

簡単な振りだと思っていたけど、これが実際やってみると難しい。

でも、がんばろーっと!

クラブでダンス、ダンス、ダンス。

ノブ先生2
  (マリリンのヒップホップダンスの先生、NOBU先生。素晴らしいダンサーです!)
             リハーサル室にて


無事にクラブダンサーデビューを果たしたマリリンっす!

苦節3ヶ月の練習で、何とか間違えることなく、無事にクラブで踊ることができた。

マリリンの所属するダンサーチーム名は「ブブゼラシスターズ」。南アフリカ、サッカーワールドカップのBGMのブブゼラから由来だ。

登場と同時に、客席から本場のブブゼラが吹かれた。吹いてくれた男の子は、ヨハネスブルグに飛び、日本対カメルーン戦を応援に行った正真正銘の日本チームサポーター。

しかし、本当にブブゼラの音はでかい。熱気に溢れたクラブ「スターナイト」のDJのかける音楽を一瞬にして黙らせ、「ほー!ほー!ぶー!」というあの異色の音色が鳴り響いた。

そして、チャカ・カーンの音と共に弾けるように、マリリンはダンスエリアに颯爽と登場した。結構、本番には強いマリリンなんで、ちっとも、上がらなかった。

上がった(ヘイケイ)女は、本番では上がらないのだ。

観客のぶっ飛ぶような大きな拍手!!!!

あー、マリリンは物書きなんていう陰気くせー仕事やめて、プロのダンサーになっちまおうか!と。

スポットライトを浴びる快感。拍手をいただける達成感。


ま、そこまで育ててくれたのが、スタジオのオーナーでもあり、大活躍のヒップホップダンサーのNOBU先生。今あるマリリンを創ってくれた大先生である。

今回は、クラブ初デビューで、あんまりパブしなかったけど、手ごたえはあった。次回は超でかく宣伝しようっと。

さて、次に目指すのは、マドンナのバックダンサー。ニューヨークに行ってオーデションを受ける。そして、全くダンスとは違うけど、ついでにベルモントパーク競馬場でレースを見てくることだ。

さーて、いつにするか…。

そんなことをNOBU先生に話したら、

「そういうポジティブで自分を知らないマリリンは最高だね!」って、最高のほめ言葉をいただいた。

これが褒め言葉でないのが一晩かかって、やっと理解したマリリンっす!

つーことで、民主党代表選で管さんに負けた小沢さんじゃないけど、「一兵卒」として、初心に戻り、ダンスにチャレンジしていくしかねっすよね。

2010年はマイケル・ジャクソンの「スリラー」から

マイケル・ジャクソンスリラー
  「ゾンビの役ならメーク無しでも登場できるマリリンのお正月」




「もういくつ寝るとお正月♪♪」

子供の時って、お正月が来るのが楽しみだった。なぜって、古き日本のお正月は、三が日は全ての商業がストップしたからだ。年末に食料を確保しておかないと、食べもんがなくなってしまうという危機感があったので、備蓄の喜びと充実感も味わうことができた。

しかし、「もういくつ寝るとお正月」の素晴らしい童謡の影が薄くなってしまった。なぜなら、居酒屋の「わたみん家」や「サイゼリア」などは大晦日から年明けまで営業し、大手デパートやスーパーは元旦から営業、コンビニなんて、全く普通の日と変わらず24時間営業。

本来、正月の魅力は、食料が無くなることへの不安から備蓄するというすんばらしい美学があったはずなのに…。食べ物の大切さを知ることもお正月の矜持だった。今じゃ、年末に東奔西走してお買い物なんかしなくても全く困らない。物が横溢することは便利であるけど、本当にこれでいいのだろうか。

「不自由であるからこそ、人は自由である時間を満喫することができる」というマリリンの哲学は現代には通用しなくなってしまったのかもしれない。

これは便利でいいことでもあるけど、私はこんな時代は好きではない。

とはいえ、元気にお正月を迎えることができたのだから、正月早々から文明批判したところで、だから何なのさってことだよね。


元旦。

家族と成田の宗吾霊堂に初詣。霊堂も不景気らしく、護摩のお札の値段が上がっていた。参道にある出店の甘酒の値段も100円ほど上がっていた。お店のおばさんが「去年よりもずっと人が少なくなってね、甘酒も草もちもあんまり売れないのよ」と苦笑いしていた。ここにも不況の風が吹いていた。なんか胸がジーンとしてしまった。この不景気なんとかせんとね。民主党さん、がんばってよ!

今年は我が家にも不況の余波が絶対の来ると思うので、とにかく「SAVING MONEY」。初詣以外には外出は控えた。

ただ、会員になっているフィットネスクラブは大晦日から三が日まで営業していたので、これをフルに利用した。

お正月の特別プログラムとして、ヒップホップダンススペシャルはマイケル・ジャクソンの「スリラー」だった。去年、キング・オブ・ポップの突然の死に、世界は震撼とした。その死を悼んでか、ヒップホップダンサーのNOBU先生は「スリラー」の振り付けをやってくださった。うれしい!!!

公開中の映画「THIS IS IT」を見て、マイケルの踊りは天が与えてくれた才だと改めて感動したのだが、実際の「スリラー」の振りを教わって、踊ってみると、これが実に難しい。何よりもテンポが早くてシャープで、とてもついていけない。

ま、マイケル・ジャクソンとマリリンを同レベルで考えていること自体、おこがましいというか己を知らないアホというか。

イントロの首を右にカチカチと曲げて振るところまでは完成したが、ゾンビ踊りになると全くついていけない。唯一得意なのは、マイケル十八番の股間に手を当てて腰をゆする振り。この振りだけは妙に上手かったが、後はタコ踊りに近い。

しかしである。マリリンは他の誰にも負けない武器を持っていたのだ。


じゃーん!!!ダンスは不完全だけど、マリリンはマリリン・マンソン並みの、まんま天然のゾンビみたいな姿形なんで、特殊メークは不要。

これだけは自慢できる。スッピンでマイケル・ジャクソンに勝てるのだ。

と、今年も誇大妄想、己を知らないハチャメチャなマリリンのスタートが始まった。

誰かこの暴走を止めてくれー!!!。

今年も筋トレ(バーベルの斤量20キロ目指す)、ヒップホップ、映画、競馬、エッセイとがんばろーっと!

何よりも、この100年に一度の大不況、労働者や庶民にとって、不安のない安定した経済の日本であることを願っている。

だから政権交代した民主党さん、お願いしますよ!!!






エグザイルの「kiss you」が踊れるぞーーー!

朝から、まとめなければならない原稿があって、ずっとパソコンに向かっていたが、

「ちきしょーっ!なーんも頭に浮かばネーー」

ついにマリリンは発狂したぞー!奈落の底に落ちてやるー!だいたい、マリリンみたいな大雑把な人間がデリケートな物書きをやっていること自体、世界の七不思議の一つなんじゃ。もう、なんもやんねぇー!なんも言えねぇー!!

つーことで、読みかけの花村萬月さんの芥川賞受賞作「ゲルマニウムの夜」をついに読み終えた。
素晴らしい!!!!これこそ新しいタイプの純文学中の文学だ!こういった文章を拝読すると、自信喪失が加速し、さらに自分を窮地に追いやることは知っている。でもね。この窮地がちょっと快感と言えば快感なんですぅ!!

そして、エグザイルの「kiss you」だーい!ヒップホップの特別レッスンで覚えたばかりの振りで、かなり未完成だったが、午後から鏡台の鏡に向かい、「はっ、はっ、はっ」と自分の体にはっぱかけて、何度もリピートして踊っているうちに、じゃーん!完成した。

ついに一曲通して踊れるぞーーーー!年末の忘年会では、絶対にみんなをびっくりさせてやるぞー!
うはははーウィッシュ!忘年会はマリリンにお任せウィッシュ!!

「ウィッシュ」と言えば、DAIGOのフォトエッセイが出たみたいだ。今から、この本でも買いに本屋さんに行こうっと!DAIGOをスリスリしちゃおうっと。

「kiss you」が踊れた自分へのご褒美だもんね。

ちきしょーっ!くだらない事計画していると頭が冴えるのに、原稿書くとなんで頭がボケるの。
ちきしょーっ!なんも頭に浮かばねー。なんも言えねー!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。