スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内藤律樹選手と小谷将寿選手 ~ボクシングの魅力について

ここ数年、ボクシングにくぎ付けになっている。元々、子供のころから、ヘビー級ボクシングが大好きで、カシアス・クレイからマイク・タイソンまで、その試合にドキドキしていた。ま、テレビの再放送の録画を通じてだが。

しかし、ここにきて、私の中に新たなボクシングの目覚めが芽生えた。というのも、作家の沢木耕太郎さんの「一瞬の夏」は愛読書なので、それが縁で、カシアス内藤のご子息の内藤律樹選手を生で応援できる機会に恵まれたからである。

60代にもなると、今まで夢中だったものが薄れ、面白くなくなり、新たな刺激や嗜好に鈍感になるにも関わらず、「目覚め」が芽生えるなんて稀有なことなのである。なんと私はラッキーなのだろうか!

この内藤律樹選手の試合はすべて見ている。勝った時にも負けた時にも。

そして、昨晩、2018年1月13日。後楽園ホール、北側のリッキーサイドの席に私は座っていた。もちろん、一番の目的は、メインイベントの内藤律樹VSジェフリー・アリエンザ(フィリピン)、共に、東洋太平洋スーパーライト級の王座決定戦だ。内藤リッキーが2回目のチャンピョンベルトが奪えるか、ドキドキしていた。

ただ、セミファイナルとなる、東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ、カルロ・マガレ(現チャンピョン、フィリピン)VS小谷将寿選手(現一位)との闘いも感慨深いものがあった。沖縄出身で、平仲ボクシングスクールに所属する小谷選手の応援がすごかった。後楽園ホールにやってきた沖縄のファンの大声援がホール中に響き渡っていた。しかし、結果はベルトにならず、TKO負けだった。

一方の内藤律樹は、9ランドで文句なしのTKO。東洋太平洋スーパーライト級チャンピョンに輝いた。そして、父上、カシアス内藤の戦績を世襲した。最近のリッキーの試合はデビューのころよりも、「見せる」ボクシングをするようになった気がする。「見せる」ボクシングと簡単に言っても、見せるだけでなく勝つことが本分であるのだから、どんなにか大変なことかと、素人の私でも推測できる。

去年、私は、67歳で突然死した兄のショックで、心身ともに疲労していた。いや、今でも、まだ疲労感や喪失感は薄れてはいない。

しかし、内藤律樹の勝利と、小谷将寿の負けを目の当たりにして、なんだか、心が軽くなっていた。兄の死のショックが何パーセントか軽くなっていた。

なんでだろう?

「勝」と「負」は思えば、表裏一体であるからだ。

「勝」の内藤リッキーのこれからの試練は防衛である。

一方の「負」の小谷選手は挑戦である。どちらにしても、その立ち位置は、同じなのではないかと思った。

「未来への不安、葛藤、努力、希望、絶望、」

ごちゃまぜの精神状態を耐え抜かなければならないからだ。

この二者のボクサーの生きざまに私は、月並みな言い方だが、生きる元気をもらっていた。

ボクシングの魅力ってこんなことなのかもしれない。


りっきー3
(内藤律樹おめでとう!)

 リッキー1
(憧れのツーショット)


小谷将寿 東洋太平洋スーパーフェザー級1位。しかし、タイトル奪えず

(帰りの道で小谷将寿選手に偶然お会いしました。頑張りましたね。残念でしたが、次回に期待していますと、話すと、「負けてすみません。負けたのに写真ありがとうございます!」と感謝され、私の心はキューンとしました。リッキーも素敵ですが、小谷選手も素敵でした!)
スポンサーサイト

「映画とわたし」 フリーキャスター・進藤晶子氏講演会のご報告~「浜町映画塾」

進藤さん2
1進藤さん画像縮小




「映画とわたし」(浜町映画塾)というテーマでフリーキャスターの進藤晶子さんの講演においでいただいた皆様、本当にありがとうございました。

進藤さんの映画に対する熱い思いが伝わり、大盛況で幕を閉じました。
進藤さんが司会をなさっているBSテレビ朝日の「熱中世代 大人のランキング」には、たくさんの映画人が登場しています。
岸恵子さん、有馬稲子さん、香川京子さん、崔洋一監督、戸田奈津子さんなどのエピソード。
進藤さんお勧めのイラン映画の「運動靴と赤い金魚」中国映画「初恋のきた道」の話になると、司会進行の私の人生においても最高の作品だったので、思わず身を乗り出して、相槌を打っていました。
最近では、大ヒットの「君の名は。」。キャスターだけでなく、お母さん業もこなしている進藤さんはお子さんと一緒にご覧なり、親子共々、感動なさってそうです。
私も「君の名は。」は今年の邦画ナンバーワンだと思いますので、これにも大共感しました。
ラストでは、現代の映画界が抱えている問題にまで言及してくださり、非常に新鮮で濃密なものになりました。
まだまだ、ご報告するお話はたくさんありますが、とにもかくも、進藤晶子さんの映画のお話は既存にない、新鮮で画期的なものでした。
映画の愛し方は人それぞれです。講演をご覧になったたくさんの皆様は、より一層映画が好きになったのではないかと思いました。

船橋市「浜町映画塾」(フリーキャスター進藤晶子氏講演会」




浜町映画塾
瀧澤陽子主宰の「実験的表現舎」の「映画塾」の講演会が決定しました。

今回は地元・船橋市の浜町公民館と共催で開催いたします。

講師はTBS「がっちりマンデー」やBS朝日「熱中世代 大人のランキング」の名司会で好評を得ていますフリーキャスターの進藤晶子氏です。映画に関する貴重なお話が聞けると思います。

なお、司会進行は私・瀧澤陽子です。

画像のフライヤーをご覧の上、お近くにお住まいの方は、早めのご予約をお願いいたします。

なお、2017年度 2月4日(土)の第2回「浜町映画塾」では、私の講演会、 2月18日(土)には映画上映会で「ローマの休日」の解説をいたします。この告知については追ってご連絡いたします。

【日時】 2016年 11月26日(土)  14時から 開場13:30

【会場】船橋市 浜町公民館 講堂

【参加費】 無料

【申し込み】 事前予約必要  11月1日から受付開始 

  浜町公民館まで ☎ 047-434-1405

まで、かなり人気の講演なので、お早目のご予約を!

熊本大地震

熊本で巨大地震が続いています。
熊本のみなさん、本当に大変ですね。心中お察しします。そして心よりお見舞い申し上げます。

東日本大震災の時の自分を思い出しました。強い余震におびえ、緊急地震速報がひっきりなしに流れ、そのたび心臓がえぐられるような思い、いつも体が揺れっぱなしでした。

いつ起きるか予測のつかない地震。もしかしたら、自然災害では最強ではないのでしょうか。

東日本大震災では大きな揺れ、津波、そして、原発事故という三重苦に陥りました。だからこそ、想定外の災害が起こるかもしれない今こそ、速やかに原発は止めるべきです。原発事故が起こってしまえば、その被害は福島を見れば一目瞭然ではないですか!原発は自然災害ではなく人災ですよ!

ディーン・フジオカ



久しぶりにかっこいい男を発見した。連ドラの五大様ことディーン・フジオカさんだ。なんと、彼は私の地元の超進学校・県立船橋高等学校の出身だった。
 
つーことは、息子と変わらない年齢なので、船橋駅周辺闊歩していたに違いない。これだけのイケメンに遭遇しなかったのは悔しい。残念でならない。
 
進学校なら東大、早慶を目指すはずが、アメリカの大学に行った。このあたりから、フジオカ君の人生に個性の色出た。
 
その後、アジアをバイクでバックパッカーに。香港、台湾で人気俳優に。ラップミュージシャン、ボクシング、マーシャルアートと多彩である。
 
沢木耕太郎さんの「深夜特急」と、戸井十月さんのバイクで「五大陸走破」をミックスしたような俳優だと確信した。
 
だからこそ、日本の芸能界で異臭放っている。おまけに、結婚を隠したがる日本のちっこい芸能界とはうって変り、ちゃんと奥さんと子供がいることを堂々と話し、めちゃくちゃ愛していると公言する。コスモポリタンだ。英語、広東語、北京語、インドネシア語を流暢に話すが、その裏には抱えきれないほどの苦労があったはずなのに、さらっとしている。そこも魅力である。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。