スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「映画とわたし」 フリーキャスター・進藤晶子氏講演会のご報告~「浜町映画塾」

進藤さん2
1進藤さん画像縮小




「映画とわたし」(浜町映画塾)というテーマでフリーキャスターの進藤晶子さんの講演においでいただいた皆様、本当にありがとうございました。

進藤さんの映画に対する熱い思いが伝わり、大盛況で幕を閉じました。
進藤さんが司会をなさっているBSテレビ朝日の「熱中世代 大人のランキング」には、たくさんの映画人が登場しています。
岸恵子さん、有馬稲子さん、香川京子さん、崔洋一監督、戸田奈津子さんなどのエピソード。
進藤さんお勧めのイラン映画の「運動靴と赤い金魚」中国映画「初恋のきた道」の話になると、司会進行の私の人生においても最高の作品だったので、思わず身を乗り出して、相槌を打っていました。
最近では、大ヒットの「君の名は。」。キャスターだけでなく、お母さん業もこなしている進藤さんはお子さんと一緒にご覧なり、親子共々、感動なさってそうです。
私も「君の名は。」は今年の邦画ナンバーワンだと思いますので、これにも大共感しました。
ラストでは、現代の映画界が抱えている問題にまで言及してくださり、非常に新鮮で濃密なものになりました。
まだまだ、ご報告するお話はたくさんありますが、とにもかくも、進藤晶子さんの映画のお話は既存にない、新鮮で画期的なものでした。
映画の愛し方は人それぞれです。講演をご覧になったたくさんの皆様は、より一層映画が好きになったのではないかと思いました。
スポンサーサイト

船橋市「浜町映画塾」(フリーキャスター進藤晶子氏講演会」




浜町映画塾
瀧澤陽子主宰の「実験的表現舎」の「映画塾」の講演会が決定しました。

今回は地元・船橋市の浜町公民館と共催で開催いたします。

講師はTBS「がっちりマンデー」やBS朝日「熱中世代 大人のランキング」の名司会で好評を得ていますフリーキャスターの進藤晶子氏です。映画に関する貴重なお話が聞けると思います。

なお、司会進行は私・瀧澤陽子です。

画像のフライヤーをご覧の上、お近くにお住まいの方は、早めのご予約をお願いいたします。

なお、2017年度 2月4日(土)の第2回「浜町映画塾」では、私の講演会、 2月18日(土)には映画上映会で「ローマの休日」の解説をいたします。この告知については追ってご連絡いたします。

【日時】 2016年 11月26日(土)  14時から 開場13:30

【会場】船橋市 浜町公民館 講堂

【参加費】 無料

【申し込み】 事前予約必要  11月1日から受付開始 

  浜町公民館まで ☎ 047-434-1405

まで、かなり人気の講演なので、お早目のご予約を!

熊本大地震

熊本で巨大地震が続いています。
熊本のみなさん、本当に大変ですね。心中お察しします。そして心よりお見舞い申し上げます。

東日本大震災の時の自分を思い出しました。強い余震におびえ、緊急地震速報がひっきりなしに流れ、そのたび心臓がえぐられるような思い、いつも体が揺れっぱなしでした。

いつ起きるか予測のつかない地震。もしかしたら、自然災害では最強ではないのでしょうか。

東日本大震災では大きな揺れ、津波、そして、原発事故という三重苦に陥りました。だからこそ、想定外の災害が起こるかもしれない今こそ、速やかに原発は止めるべきです。原発事故が起こってしまえば、その被害は福島を見れば一目瞭然ではないですか!原発は自然災害ではなく人災ですよ!

ディーン・フジオカ



久しぶりにかっこいい男を発見した。連ドラの五大様ことディーン・フジオカさんだ。なんと、彼は私の地元の超進学校・県立船橋高等学校の出身だった。
 
つーことは、息子と変わらない年齢なので、船橋駅周辺闊歩していたに違いない。これだけのイケメンに遭遇しなかったのは悔しい。残念でならない。
 
進学校なら東大、早慶を目指すはずが、アメリカの大学に行った。このあたりから、フジオカ君の人生に個性の色出た。
 
その後、アジアをバイクでバックパッカーに。香港、台湾で人気俳優に。ラップミュージシャン、ボクシング、マーシャルアートと多彩である。
 
沢木耕太郎さんの「深夜特急」と、戸井十月さんのバイクで「五大陸走破」をミックスしたような俳優だと確信した。
 
だからこそ、日本の芸能界で異臭放っている。おまけに、結婚を隠したがる日本のちっこい芸能界とはうって変り、ちゃんと奥さんと子供がいることを堂々と話し、めちゃくちゃ愛していると公言する。コスモポリタンだ。英語、広東語、北京語、インドネシア語を流暢に話すが、その裏には抱えきれないほどの苦労があったはずなのに、さらっとしている。そこも魅力である。

「ラ ・マンチャの男」 松本幸四郎1207回公演

IMG_0713.jpg
松本幸四郎の十八番「ラ・マンチャの男」を見た。

お嬢様の松たかこがアルドンサ役で一度見ているから、今回は2度目だった。

なんと、松本幸四郎さんは46年間も、歌舞伎役者の傍ら、ドン・キホーテを演じ続ける。

そのこだわりはいったいなんだろう?

今回の上演で、私は確信した。松本幸四郎さんご自身が、まさにドン・キホーテそのものなのではないかということを。

「「人生自体がきちがいじみているとしたら、本当の狂気とは何か?夢におぼれ現実を見ないのも狂気かもしれぬ、現実のみを追って、夢を持たないのも狂気かもしれぬ。だが、一番憎むべき狂気は人生にただ折り合いをつけ、あるべき姿の為に戦わないことだ」

「ラ・マンチャの男」はキホーテのこの凝縮されたセリフに全てが込められている。何度聞いても、何度も鳥肌が立つ。

幕が閉まると、数回ものカーテンコール。観客が総立ちでスタンディングオベーション。その熱い拍手に答えるように、幸四郎さんは「見果てぬ夢」を英語で唄い始めた。異例なことらしい。

その歌を聴いているうちに涙が出てきた。帰宅しても、その歌声が耳から離れなくなっていた。

歌舞伎界からミュージカルという新しい分野に挑戦する幸四郎さんの生き方こそ、まさに、夢を追い求めるキホーテそのものなのかもしれない。

終演すると、玄関には、高麗屋の女房である幸四郎夫人の藤間紀子さんが、丁寧なお辞儀でお客様をお見送りしていた。

数か月前に、藤間さんを取材したことがある。私は腰が低く、謙虚でお上品、でも、どこかお茶目な藤間さんに一発で魅了されてしまった。この内助の功こそ、幸四郎さんと一緒に同じ夢を見続ける藤間さんの人生そのもなのではないかと、感動していた。


IMG_0712.jpg
​​
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。